LINE@へのご登録はこちらから♪

結果あり【競馬】平成最後の天皇賞(秋)こそマカヒキ復活の舞台にふさわしい

スポンサーリンク

メジロマックイーンの降着やレース中に骨折して予後不良となったサイレンススズカ……ひと昔前だと「荒れるG1」と言われていた天皇賞(秋)も、すっかり順当なレースになってしまった。昨年のキタサンブラックしかり。ことごとく1番人気が飛んできた時代は過ぎ去った。

平成という1つの歴史の中でガラリとイメージが変わったが、最後の天皇賞はどういった結果になるのだろうか。豪華メンバーが集結した今回、個人的にはマカヒキを本命に推したい。なぜならば……!

・平成の盾男が鞍上

どうも完全復活の気配しかしない。なにせ鞍上が「平成の盾男」と言われている武豊騎手なのだ。その名の通り、天皇賞にめっぽう強いし、秋G1で3戦連続3着。しかも、必ず人気馬に乗っていない中での好走は調子のいい証拠だろう。

また、ご存じのようにマカヒキはダービー馬である。過去をさかのぼると、ダービー馬のエイシンフラッシュが見事に復活を果たしたのが2012年の天皇賞。エイシンフラッシュと同じく、マカヒキもダービー以降煮え切らないレースが続いているだけにどうも被る。

そしてマカヒキはあのディープインパクト(主戦が武豊騎手)の金子真人オーナーの持ち馬だ。平成で伝説を作った勝負服でマカヒキがゴール板を1着で駆け抜けて復活する──通算4000勝を達成したことも加え、一時代を締めくくるには武豊騎手とマカヒキこそがふさわしい。

・枠問題もクリア

府中の2000メートルは外枠不利のコース。そこだけが恐怖材料だったがマカヒキは5枠と無事にクリアしたことで、本命に置くことは決まった。あとはレイデオロやスワーヴリチャードといった有力馬が外に入ったら……

と思っていたら、デムーロ&ルメール騎手の有力馬コンビが揃いも揃って4枠に入ったことで切れなくなった。スワーヴリチャードは得意の左回りで存分に力を発揮すると予想されるし、当然ながらダービー馬のレイデオロも掲示板はまず外さないだろう。あと中距離で安定した走りを見せるアルアインも怖い存在だ。

・マンバくんの予想

まぁそこは後日悩みに悩んで決めるとして、これまで貫いてきた「マンバくんとのシンクロ予想」でもレースを占ってみた。マンバくんをシェイクして出てきた番号は……

「6」「11」「3」である。こちらもなんとマカヒキが本命。続いてミッキーロケット、ヴィブロスといった予想だったが、怪しい気配もプンプンするから無視できない。天皇賞はエアグルーヴ、ウオッカ、ダイワスカーレットなど、牝馬が強いレースでもあるからだ。ヴィブロスの激走もあるかもしれない。

ひとまず記者はマカヒキ大本命。札幌記念から天皇賞へ進むローテーションで鞍上・武豊騎手という流れは、バブルガムフェローをねじ伏せたエアグルーヴを思い出してしまった。ちょうど競馬を見始めたのがその頃。平成最後の天皇賞は、武豊騎手とマカヒキに夢を乗せたい。

・【追記(結果)2018年10月29日11:35更新】

またまたルメール騎手ですかぁ。着順はレイデオロ → サングレーザー → キセキでした。サングレーザーは抑えていましたが、キセキ買ってなかったので外れました。マカヒキどこいった……。今度こそは!

参照元:JRA公式サイト
予想:マンバくん
執筆:万馬券原田
Photo:RocketNews24.