LINE@へのご登録はこちらから♪

フリーメイソンがドル紙幣で9.11テロを予言していた!?衝撃の都市伝説

スポンサーリンク

2001年にアメリカで起きた9.11テロですが、なんとあの秘密結社フリーメイソンの手によ

ってドル紙幣に予言のメッセージが隠されていたのです。

ドル紙幣の都市伝説

まず、ドル紙幣に隠されたメッセージについて解説していきます。

まずは、9.11テロについてのメッセージですが5ドル札、10ドル札、20ドル札、100ドル札を紙飛行機みたいに折ってみると、それぞれの紙幣に貿易センタービルが描かれています。

5ドル紙幣

10ドル紙幣

20ドル紙幣

その貿易センタービルが、紙幣が高くなるにつれて徐々に煙を上げていき、100ドル札の段階では完全に崩壊してしまいます。

100ドル紙幣

これは偶然の一言では片づけられないほど出来すぎていますよね。

ドル紙幣は9.11テロ以前から発行されているので、これは何かの陰謀がありそうです。

ドル紙幣はフリーメイソンが支配している

そもそも、ドル紙幣は誰が発行しているかをご存じでしょうか。

おそらく、多くの人がアメリカという国が発行していると考えるでしょう。

しかし、ドル紙幣を発行しているのはFRBという民間銀行であって、実は国ではないのです。

 

 

日本では、日本銀行という民営の銀行が通貨を発行していますが、国が日本銀行の株式の51%以上を保持しているので国が株主という形で統治しています。

しかし、アメリカの場合は完全に民間企業の手に通貨発行権が渡ってしまっている状況にありますので、通貨発行権が完全に国にない状況にあります。

 

 

この、通貨発行権を持ち金融を支配している者こそ、いわゆるフリーメイソン・イルミナティと呼ばれる組織なのです。

つまり、ドル紙幣の発行権をもっているフリーメイソンはドル紙幣のデザインを自由に決められるので、このようにメッセージを隠すことができるのです。

9.11テロとフリーメイソンの都市伝説

もうすでにお察しの方も多いでしょうが、9.11テロはフリーメイソンの手によって仕組まれたものなのです。

この事については別の記事で詳しく解説していますが、簡単に言うとテロを起こしたことで国際金融資本家や武器商人達、いわゆるフリーメイソンは多大な利益を得ました。

 

 

また、フリーメイソン・イルミナティが目指す世界、new world orderの為の手順の1つとなります。

9.11テロが自作自演であるということは都市伝説の域を超え、アメリカでは常識化されているようです。

まとめ

アメリカのドル紙幣にフリーメイソンのメッセージが刻まれているという都市伝説も、今回の話で現実味を帯びてきたのではないかと思います。

フリーメイソン・イルミナティは、9.11テロの他にも様々なメッセージをあらゆる所から出しています。

 

 

その代表がイルミナティカードですが、他にも沢山あるのでぜひ調べてみてください。

9.11予言のイルミナティカード

信じるか信じないかは、あなた次第です。