LINE@へのご登録はこちらから♪

『HAWAII FIVE-0』クリエイター、『暴走地区-ZOO-』原作者の小説をTVシリーズ化 – ニュース

スポンサーリンク

映画『コレクター』『スパイダー』の原作小説シリーズの作者で、全米ではスティーヴン・キングと並ぶ人気を誇るジェームズ・パターソンのベストセラー小説を下敷きにしたTVシリーズを米CBSが製作することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】ジェームズ・パターソンが手掛けている『インスティンクト-異常犯罪捜査-』とは

今回CBSが製作するのは、今年4月に出版され瞬く間に米New York Times紙のベストセラーリストのトップに輝いた「Texas Ranger」のドラマ版『Ranger(原題)』。テキサス州のレンジャー(騎馬警察隊員)と彼のひねくれ者の父親がフロリダ州南部へ引っ越し、そこで殺人課の刑事となったレンジャーが彼の兄弟を殺した犯人を追い詰めていく様子が描かれるという。

脚本&製作総指揮を手掛けるのはジャイソン・ホール(『アメリカン・スナイパー』)、T・J・ブレイディとラシード・ニューソン(『The 100/ハンドレッド』)。製作総指揮にはこの3人と原作者パターソンのほか、ピーター・M・レンコフ(『HAWAII FIVE-0』)、ショーン・カニーノ(『ジェーン・ザ・ヴァージン』)、ビル・ロビンソンとレオポルド・ゴウト(『暴走地区-ZOO-』)も名を連ねている。

彼の著書を映像化した作品として映画『コレクター』『スパイダー』『バーニング・クロス』『あの頃、ティファニーで』などがある。パターソンは、人気作家が女刑事とタッグを組んで事件を解決する人気ドラマ『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』にゲスト俳優として出演したこともある。

以前にCBSはパターソンの作品をドラマ化した『暴走地区-ZOO-』を製作したが、昨年シーズン3で打ち切りが決定。パターソンが手掛けた犯罪捜査ドラマ『インスティンクト-異常犯罪捜査-』は、シーズン2の製作が決定している。『Ranger』は、同局の看板番組になれるかどう気になるところだ。出演キャストほか詳細が決まり次第、続報をお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェームズ・パターソン作品『暴走地区-ZOO-』より
(c)MMXVIII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.