LINE@へのご登録はこちらから♪

『The Rookie』最年長の"新米警官"を演じるネイサン・フィリオン、新キャラは『キャッスル』とここが違う! – ニュース配信用

スポンサーリンク

推理作家が女刑事とタッグを組んで難事件を解決していく大人気ドラマ『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』で、8シーズンにわたり主人公リチャード・"リック"・キャッスルを演じたネイサン・フィリオンが、現在出演中の米ABCの新作刑事ドラマ『The Rookie(原題)』と『キャッスル』の違いについて語っている。

【関連記事】2018年の注目ドラマをチラ見せ! ネイサンがL.Aで新米刑事!?『The Rookie』

『The Rookie』は、中年の危機に陥り仕事を変えようと思った主人公ジョン・ノーランが警察官になると決め、ロサンゼルス市警で最年長の"新米警官"になるというストーリー。

米E!Newsのインタビューに応じたネイサンが、「役のエネルギーが全く違うんだ」と新作について言及している。「これまで大きな権力を持つキャラクターや、権利があるないかにかかわらず好き勝手やる役をたくさん演じてきたけど、ノーランは勝手が違う。彼は警官で、"権力のはしご"では一番下にいるからね」とコメント。

そしてノーランの人柄については、「彼はとても正直者だし、地に足が着いていて思慮深いと思う。僕はこれまでに無神経で思いやりに欠け、軽率だとも言えるような役を演じたこともある。だから、周りに気を配るキャラクターを演じられるのは嬉しいよ」と語り、かなりノーラン役を気に入っているようだ。

ネイサンはカルト的な人気を誇るSFドラマ『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』のマル船長役で注目を集め、サスペンス・コメディドラマ『デスパレートな妻たち』シーズン4にキャサリンの夫アダム役で出演。そのほかにも、『LOST』や『コミ・カレ!!』などの人気ドラマシリーズにゲスト出演している。

ネイサンが主演する新作ドラマ『The Rookie』は、米ABCにて10月16日(火)に放送スタートしたばかり。日本上陸を楽しみに待ちたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ネイサン・フィリオン
(c)NYKC