LINE@へのご登録はこちらから♪

『ハイスクール・ミュージカル』や『グレイテスト・ショーマン』のあの人も!TV生放送版『RENT』豪華スターが共演 – ニュース

スポンサーリンク

来年1月に米FOXで生放送される伝説的ブロードウェイミュージカル『RENT/レント』。同作に出演するキャスティングが発表された。米Hollywood Reporterらが報じている。

【関連記事】NYで海外ドラマスターに会えるかも!?【海ドラスター登壇のブロードウェイ演目編】

2019年1月27日(日)に放送される同作ライブバージョンには、『ハイスクール・ミュージカル』のヴァネッサ・ハジェンズをはじめ、歌手で女優のティナーシェ(『Empire 成功の代償』)、カーシー・クレモンズ(『easy イージー』)、ジョーダン・フィッシャー(『うわさのツインズ リブとマディ』)、ブランドン・ヴィクター・ディクソン(『ジーザス・クライスト・スーパースター・ライブ』)、歌手のブレニン・ハント(『Nashville(原題)』)、R&Bシンガーのマリオ(『Empire 成功の代償』)ら豪華スターが共演する。

ジョナサン・ラーソンが製作したミュージカル『RENT/レント』は、1996年にNYの小劇場でオープン。初日を目前にラーソンは急死してしまったが、圧倒的な音楽と現代社会を描いたストーリーで、わずか2ヶ月でブロードウェイに進出。ピューリッツァー賞、トニー賞など各賞を総なめにし、世界中に〈レントヘッズ〉と呼ばれる熱狂的ファンを生み、まさにミュージカル界の歴史を変えたと言われる伝説的作品。プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をもとに、エイズやドラッグ、同性愛などの問題に直面しつつも夢を諦めずに生きるニューヨーク、イースト・ヴィレッジの若者たちの姿を描いた物語。

ヴァネッサは今回、オリジナルキャストでは『アナと雪の女王』や『Glee/グリー』で知られるイディナ・メンゼルが演じ、ブロードウェイデビューだったにも関わらずトニー賞にノミネートされた同性愛者のモーリーン役を演じる。モーリーンの同性の恋人弁護士ジョアンヌ役には、カーシーがキャスティングされている。

ブランドンは、元MIT大学教授トム・コリンズ役、コリンズの恋人とドラァグ・クイーンのエンジェル役には実生活でもドラァグ・クイーンとして活躍するタレントのヴァレンティーナが、そしてジョーダンは常にカメラを回し、ナレーターも務めるマーク役を、ブレニンは主役のミュージシャン志望でマークの親友であるロジャー役を、ロジャーと恋仲になるダンサーのミミ役にティナーシェがそれぞれ決定している。

製作総指揮を担うのは、マーク・プラット(『ラ・ラ・ランド』)、アダム・シーゲル(『幸せをつかむ歌 』)、ジュリー・ラーソン(『Mom(原題)』。プラットは、これまでも米NBCのライブミュージカル『Jesus Christ Superstar Live in Concert(原題)』や米FOXの『A Christmas Story Live!(原題)』『グリース・ライブ!』など多くのTV生放送ライブミュージカルを手がけている。『グリース・ライブ!』のアレックス・ルジンスキーがTV版の監督を担当し、ブロードウェイミュージカル版の同作を演出したマイケル・グリーフが舞台総監督を務めるだけでなく、衣装デザイナー、照明担当、音楽監督、舞台監督、振り付け担当など多くのオリジナル版担当者が再び集結する。

『グレイテスト・ショーマン』のキアラ・セトルが名曲「Seasons Of Love」を披露することも決定しており、豪華キャスト・スタッフでお茶の間にTV生放送版の『RENT/レント』をお届けする。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ハイスクール・ミュージカル』
©Disney
『グレイテスト・ショーマン』
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation