LINE@へのご登録はこちらから♪

『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』の続編、シポウィッツの息子主人公で製作決定! – ニュース

スポンサーリンク

ロウワー・イーストサイドの分署で犯罪と向き合う刑事たちを描いた大人気刑事ドラマ『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』。同作の続編である新作が米ABCにて製作されることが決定した。米Varietyが報じている。

【関連コラム】なぜNYPDドラマは人々を惹きつける?

同作は1993年から12シーズンに渡り放送された大ヒット作で、NY市警察のベテラン刑事アンディ・シポウィッツを中心に、事件解決に取り組む刑事と犯罪者、そして被害者たちが相対し繰り広げるドラマを描いたもの。

今回企画されているこの新作は、シポウィッツの息子、テオが自身の父親であるアンディ殺害の真相を究明しつつ、父と同じ15分署で刑事として活躍するという展開。

オリジナル製作にも携わったマット・オルムステッド(『シカゴ』シリーズ)とニコラス・ウートン(『SCORPION/スコーピオン』)が、この新作の製作総指揮と脚本を務める。また、オリジナルのシーズン1から最終シーズンまでクリエイターを務めたスティーヴン・ボチコーの息子、ジェシー・ボチコー(『エージェント・オブ・シールド』)もプロデューサーとして作品に参加。ストーリーと同様に、親子でこの作品に関わっていく。

『NYPD BLUE』は、12シーズンで261エピソードを放送。ゴールデングローブ賞において、1994年に作品賞とデヴィッド・カルーソー(『CSI:マイアミ』)が主演男優賞を、1995年はシポニッツを12年に渡って演じたデニス・フランツが主演男優賞を、1996年にはジミー・スミッツ(『サンズ・オブ・アナーキー』)が主演男優賞と、計4度受賞しており、刑事ドラマ最高傑作のひとつと名高いドラマだ。

新作のキャスティングなど続報が入り次第お届けしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』で12年に渡りシポニッツを演じたデニス・フランツ
(C)DaraKushner/Famous