LINE@へのご登録はこちらから♪

『ゲーム・オブ・スローンズ』前日譚シリーズにナオミ・ワッツの出演が決定! – ニュース

スポンサーリンク

2019年に放送開始される第八章をもってファイナルを迎える大ヒット大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。本シリーズのスピンオフ・プロジェクトが5本進んでいることは以前お伝えしたが、米HBOが発注した前日譚となる最初のシリーズのパイロット版に、『ツイン・ピークス The Return』や『ジプシー』で知られるナオミ・ワッツが出演することが明らかになった。米Varietyなど複数のメディアが報じている。

【関連記事】「ゲーム・オブ・スローンズ」中断期間に見るべきドラマシリーズ13選

タイトル未定のこのプロジェクトは、『GOT』の時代設定よりも何千年も前が舞台となり、数々の英雄たちが活躍した黄金期から暗黒の時代へ移り変わる年代記的な作品になると言われている。この前日譚では、ウェスタロスの歴史に隠された恐ろしい秘密やホワイトウォーカーの起源、東側の大地に潜む謎やスターク家の伝説の人物などが描かれるようで、現在の『GOT』から想像できるようなストーリーとは異なるようだ。

今回ナオミが演じるのは、謎めいた秘密を隠しもつカリスマ性溢れる名士。そして映画『キングスマン』シリーズや『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』などで知られる脚本家のジェーン・ゴールドマンがパイロット版の脚本を担当し、『GOT』の原作者で製作総指揮のジョージ・R・R・マーティンと共にプロデューサーも兼任することが明らかになっている。

『GOT』の世界はジョン・スノウを主人公に、デヴィッド ・ベニオフとD・B・ワイスという男性クリエイターにより製作されているが、本前日譚は女性の脚本家であるゴールドマンがペンを執ることから、女性が主人公になるのではないかとかねてより噂されていた。

米HBO番組編成担当責任者のケイシー・ブロイズはこの問いに対して「強い女性の登場人物はいますが、本シリーズはアンサンブルキャストなので男性もいれば女性もいます。ジェーンは大変優れた脚本家です。ですから、女性の主人公だけを描くよう制限したくはありません。多くの複雑な主人公が登場します」と今年7月にコメントしていた。

今回の発表に際しブロイズは「(5つのスピンオフ・プロジェクトの中で)これを最初に、と考えていた作品に実際に取り掛かることができ、とても幸運に思う」と語っており、ナオミの出演するこの第一弾の評価の高さが伺える。

だがもしこのパイロット版のシリーズ化が決定しても、2019年上半期に放送スタート予定の『ゲーム・オブ・スローンズ』ファイナルシーズンが終わるまでお目見えすることはなさそうだ。この前日譚シリーズの更なる情報が入り次第、随時お伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ナオミ・ワッツ
(C) NYKC/FAMOUS