LINE@へのご登録はこちらから♪

7年ぶりに復活したミニストップの「宇治抹茶ソフト」が4段階でウマい

スポンサーリンク

そんじょそこらの牧場よりも、遥かに美味しいソフトクリームを提供してくれるミニストップ。バニラソフトが美味しいのはあたり前、ベルギーチョコソフトやプリンソフト、安納芋ソフトも間違いのないウマさである。

だがしかし、なぜかミニストップの『抹茶ソフト』だけは見かけた記憶がない。「定番の抹茶ソフトをなぜ出さない……?」と思いきや、本日2018年11月2日より抹茶ソフトが7年ぶりに復活するというではないか。こ、これは……?

・7年ぶりに復活

本日より全国のミニストップで順次発売となる宇治抹茶ソフト。冒頭でお伝えした通り、ミニストップでは7年ぶりの「抹茶ソフト」だというから、満を持しての発売と見て間違いない。

使用される宇治抹茶は農林水産大臣賞を受賞した経歴を持つ老舗茶店「放香堂」の茶師監修で、過去最高量の宇治抹茶がブレンドされているという。その他にも様々なこだわりがあるというから、ミニストップは本気だ。

気になるお値段は「宇治抹茶ソフト」が税込270円、あずきソースなどがトッピングされた「プレミアムあずき抹茶ソフト」が税込330円である。どうせならプレミアム一択でしょ……と言うわけで、今回は「プレミアムあずき抹茶ソフト」を購入した。

・食べてみた

さっそく食べてみると、まずは抹茶ソフトクリーム自体がウマい。甘さの中にも抹茶の香りとほろ苦さが感じられ、一言でいうならば「お上品な抹茶ソフト」である。また、抹茶とあずきの組み合わせは間違いなく、これだけでも「やりおる」と言いたいところだ。

だがスゴイのはここからで、まずはあずきと共にトッピングされた「きな粉あられ」がウマい! サクサクと絶妙なアクセントになりつつ、きなこの風味が抹茶ソフト全体をワンランク上のスイーツに仕立てあげていた。

さらにさらに、このために開発されたという「黒糖ワッフルコーン」が抹茶ソフトと合う! 抹茶ソフトだけでもウマいのに、あずき・きな粉あられ・黒糖ワッフルコーンと畳みかけてくる波状攻撃はまさに努力の結晶! 開発した人……頑張ったよあなた。

というわけで、7年ぶりに復活したミニストップの抹茶ソフトはさすがのクオリティであった。11月9日には全国で発売となるから「まだ地元のミニストップにない!」という人は、もう少しだけ待っててくれよな!

参考リンク:ミニストップ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.