LINE@へのご登録はこちらから♪

『クィア・アイ』アントニ・ポロウスキ、Netflixホラーシリーズ『見てはいけない』で見せる裏の顔とは!? – ニュース

スポンサーリンク

ゲイ男子5人組が得意分野を活かして、依頼人を大改造するNetflixの人気リアリティ番組『クィア・アイ』。本シリーズで料理&ワインを担当するアントニ・ポロウスキが出演するNetflixの新作短編ホラーシリーズ『見てはいけない』について紹介したい。

【関連記事】イケメンのゲイ5人が人生を矯正!Netflix『クィア・アイ』を見て幸せな涙を流そう

アンソロジーシリーズ『見てはいけない』は、1話が2分~9分という短い枠の全5話で構成され、アントニが登場するのは「アントニ・サイコ」と題された第5話。特製フェイスパックを使ったお肌のお手入れやエクササイズといった朝の儀式をこなす彼が、最後にダークな裏の顔を見せる...という展開となっており、そのタイトル通り2000年のクリスチャン・ベイル主演映画『アメリカン・サイコ』のパロディだ。

その他には、『グレムリン2017 ~異種誕生~』のケイレブ・ミルビー、『Chicken Girls(原題)』や『No Rhyme or Reason(原題)』などに出演しているブリ・リオン、『Loveless(原題)』のアケイシャ・マルケスらが出演。

おぞましい化け物や狂気にかられた執着心、不気味すぎる光景などを集めたホラー短編シリーズのエピソード概要は以下の通り。

「友情のブレスレット」
友だちがいないジュリーは、お洒落な女子二人を誕生パーティーに招いて、友だちになろうとするが、抑えきれない狂気を放ってしまう。

「パズルへの招待状」
ネット荒らしを餌食に、闇ウェブで暗躍する処刑人が主人公。闇ウェブに誘い込まれた悪意あるハッカーを、身震いするような恐ろしいVRゲームが待ち受けていた...。

「グロテスクな悪夢」
得も言われぬ恐怖や肉体に刻まれる不快感といった、すべてを凝縮した超現実的な悪夢が繰り広げられる。気が弱い人は要注意。

「立入禁止」
心霊スポットを巡って動画を撮影してきたノアとアレックスは、最後の撮影のために廃屋に進入するが、そこにいたのは彼らだけではなかった...。

「アントニ・サイコ」
アントニが出演するエピソード。

アントニが出演する『クィア・アイ』はシーズン3への更新も決定し、Netflixにてシーズン1&2が配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『クィア・アイ』アントニ・ポロウスキ
(c)Courtesy of Netfilx