LINE@へのご登録はこちらから♪

『GOT』クリエイター、エミリア・クラークのオーディション秘話を明かす「ロボットダンスを披露したんだ」 – ニュース

スポンサーリンク

七王国が鉄の玉座を巡り、壮絶な戦いを繰り広げる米HBOの大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)で、デナーリス・ターガリエンを演じるエミリア・クラーク。この役で大ブレイクした彼女のオーディション秘話を、シリーズのクリエイターが明かした。米Varietyが伝えている。

【関連記事】『ハリー・ポッター』に出ていた『ゲーム・オブ・スローンズ』キャスト

10月26日(金)にロサンゼルスで開催されたBAFTA(英国アカデミー賞) LAブリタニア・アワードで、『GOT』でクリエイターを務めるデヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが当時を振り返り、エミリアのオーディションについて語った。

本シリーズのパイロット版がHBOの重役向けにお披露目になった後も、エミリアはHBOの社長の前でオーディションを受けることになり、再び同社の劇場に呼ばれたのだという。

「その劇場は薄暗く、ベニオフとワイス、しかめっ面の社長とエミリアの4人しかいなかった。彼女が台本読みをした後も渋い表情を続ける社長を前に、エミリアが"場を明るくするために何ができることはない?"かと尋ねたんだ。そして、ベニオフが"じゃあ踊れるかな?"と答えると、すかさずエミリアがロボットダンスを繰り広げ、これには社長も笑わずにはいられなかった」と明かした。

そして、劇場を後にしたエミリアを追いかけたベニオフ&ワイスが、オーディションに合格したことを伝え、彼女がデナーリス役を獲得するに至ったという。

ブリタニア・アワードを受賞したエミリアがスピーチで、「それまでパーティーのケータリングで白雪姫の恰好をしていた私に、大役を与えてくれたベニオフとワイスの勇敢さも賞に値すると思います」と感謝の気持ちを述べていた。

エミリアがデナーリス役で続投する『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章は、HBOにて2019年上半期に放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』エミリア・クラーク
(c)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.