LINE@へのご登録はこちらから♪

ハーゲンダッツ新作『紫イモのクレームブリュレ』 超濃厚なチーズっぽいカスタードと芋フレーバーにおぼれろ

スポンサーリンク

2018年10月6日から、全国のローソンおよびナチュラルローソンにて、ハーゲンダッツの新作『紫イモのクレームブリュレ』が発売開始されているぞ~。

ハーゲンダッツ好きの「ハーゲニスト」いや……「ハゲニスト」のみんなはもう食べてみたかな? 筆者も近所のローソンでさっそく入手! 食べてみたところ、見た目から味まで何もかも想像と違っていてびっくりしたぜ!

・濃厚なチーズっぽいカスタードチョコ

パッケージにはなんだか赤っぽい、ベリー系をほうふつとさせる色のソースがかかった紫色のプリンだかババロアだかをスプーンですくっているイメージが。

商品名的にも、この紫の部分はやはりイモのクレームブリュレなのだろう。なお、筆者はクレームブリュレがなんなのかよく知らない。オシャンティーでセレブなプリンだと思っている

ゆえにパッケージを見た段階で筆者の貧弱な脳は、このハーゲンダッツを「紫イモプリン&赤いソース」的なものだと推測していた。味についての予想は「何か甘いんだろ!? ウマそう! ウェヒヒッ!!」という感じだ。

・茶色いソース

さっそく一番外側の蓋を開けてみると……

おやおや? 茶色いぞぉ?

ハゲニストならご存知の通り、ハーゲンダッツは外側の堅い蓋を開けると中に半透明なビニールで封がされている。その封越しに見えるソースらしきものが茶色いのだ。

パッケージの紫のプリンっぽいものの上に乗っているソース。てっきり赤っぽいものだと思っていたが、言われてみれば茶色に見えなくもない。

ためしにパッケージ上のイメージの画像から、ソースの真ん中あたりで適当に色を調べてみるとオレンジ色であった。そうか、オレンジか。まあ人間の目なんてあてにならないですよね。

とりあえず封も開けてみると、やはりソースは茶色。みたらし団子のソースとよく似た色……みたらしブラウンである。本体の部分の色はソース越しでよくわからない。

・崩壊する氷床のごとき表層

この時点でさすがの筆者も、このアイスが筆者の想像を超えた存在であることに気づき始めていた。もはや考えなどあてにならぬ。食べてみるしかあるまい。

スプーンを入れようとすると……

おやおや? カタいぞぉ?

凍ったアイスのそれとは違い、何か材質由来の弾力のある硬さだ。アイスのくせになかなか手ごわいヤツである。思い切ってスプーンに力をこめると、「パキッ!」と音をたてて表面が割れた。

その割れ方はさながら南極などの崩壊する氷床であった。えっ、芋のプリンアイスじゃないのかよ! もうこのハーゲンダッツが一体なんなのかわからない。

おそるおそる割れた表層の破片を食べてみると、チーズっぽい風味がする。なお、茶色いソースは見た目どおりみたらしのソースと似た味。そしてそのチーズっぽい表層の下に、ようやく想像通りの紫イモのアイスが!

・まさかのカスタードチョコ

紫イモ以外全て想定外だったので、このままでは事前に考えていたレビュー用のフレーズが使えない。仕方ないので今更ながら公式HPで実態をチェックしてみたところ、表層のチーズだと思っていたものはカスタードチョコだった

カスタードってこんな味だったん? これ、チーズっぽいっしょ? 筆者的にこれはチーズ枠ですわ。なお、みたらしソースだと思っていたものはカラメルソースだった

特に芋の風味とチーズっぽいカスタードチョコの風味が実に濃厚で、肺までこれらのフレーバーに包まれる。全体的な味としては「何か甘い! ウマい! ウェヒヒッ!!」という感想だ。

ただ、チーズっぽいフレーバーの方が濃厚で芋を打ち負かし気味なところも少しある気がする。まあクレームブリュレだし? オシャンティーだし? イモっぽいのは控えめという感じなのかもしれない。

ちなみに、今回紹介したハーゲンダッツ『紫イモのクレームブリュレ』は税込み324円。期間限定で、先述の通りローソンとナチュラルローソンのみでの販売だ。気になる方は最寄の店舗で探してみてほしい。

参照元:ハーゲンダッツ
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.