LINE@へのご登録はこちらから♪

スティーヴン・キング×J・J・エイブラムス『キャッスルロック』、2019年2月に日本初上陸! – ニュース

スポンサーリンク

スティーヴン・キングとJ・J・エイブラムス。これまで『IT/イット"それ"が見えたら、終わり。』『グリーンマイル』『スタンド・バイ・ミー』『LOST』『ミッション:インポッシブル』『スター・トレック』『スター・ウォーズ』といった数々のヒット作を生み出してきたヒットメイカーの二人が組んだダーク・ミステリードラマ『キャッスルロック』が、2019年2月にWOWOWプライムにて日本独占放送となることが決定した。

【関連記事】キングファン必見!『キャッスルロック』の数々の小説とのさりげないリンク&彼らしさ満載のテイスト

「スタンド・バイ・ミー」などの舞台として、キング作品に頻繁に登場する架空の町、キャッスルロックで起きる謎の事件の数々を描く本作。その町のほかにも、キング作品でおなじみのキャラクターやテーマが交錯し、キングの集大成とも言える大作だ。全米は7月から9月にかけて配信され、全10話の半分まで来た時点で第2シーズンへの更新が決定していた。

キャストは、アンドレ・ホランド(『ムーンライト』)、ビル・スカルスガルド(『IT/イット"それ"が見えたら、終わり。』)、シシー・スペイセク(『キャリー(1976)』)、ジェーン・レヴィ(『ドント・ブリーズ』)、メラニー・リンスキー(『乙女の祈り』)、スコット・グレン(『Marvel ザ・ディフェンダーズ』)など、キング作品にゆかりのある人を中心にクセの強い顔ぶれが集まっている。

舞台は、ショーシャンク刑務所。閉鎖された棟で、檻に閉じ込められていた青年が発見される。彼が最初に発した言葉は「ヘンリー・ディーヴァー」という名前だった。そこから遠く離れたテキサスで弁護士として死刑囚を弁護するのがヘンリー・ディーヴァーだった。27年前、少年だったヘンリーはキャッスルロックで義理の両親と暮らしていたが、ある日突然行方不明になるという不可解な事件を起こし、時を同じくして養父が謎の死を遂げていた。刑務所で発見された青年によって故郷に呼び戻されることとなったヘンリーは、過去の自分が関わる事件の闇、そしてキャッスルロックという町が抱える不吉な謎に巻き込まれていく...。

『キャッスルロック』は2019年2月にWOWOWプライムにて日本独占放送。詳しい放送日時は分かり次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『キャッスルロック』
(C) Warner Bros. Entertainment Inc.