LINE@へのご登録はこちらから♪

本が「聞き」放題?ってどういうこと?Audible (オーディブル)使ってみました!

コイヌマです。

Audible (オーディブル) はご存知ですか?

ボクも、今の今まで全く知らなかったのですが、たまたま名前を知り使ってみました。

すると….これがわりと良いサービスだったので、今回はそのAudible (オーディブル) の全貌をご紹介したいと思います!

Audible(オーディブル)って?サービスの特徴とは

それでは、Audible (オーディブル) というサービスとは一体何なのでしょうか?

Audible(オーディブル)とは!?

Audible (オーディブル) を一言で説明すると、書籍聞き放題サービスです。

Amazonの関連会社で世界中でオーディオブックのサービスを提供しています。

1995年にドナルド・ガッツ氏が設立し、2008年にAmazonの一員になりました。 

現在はアメリカ、イギリス、フランツ、ドイツ、オーストラリアでもビジネスを展開しており、2015年に日本でサービスを開始しました。 

日本が6カ国目の進出となります。

「Amazonが提供する聴く読書のサービス」と覚えておくとよいでしょう。

月額1,500円でスマホやPCなどの端末に好きな書籍をダウンロードし、その本の音声朗読を聞くことができます。

*画像は、Amazon.co.jpより引用

どんな本が読めるかというと、ビジネス書、自己啓発書、小説、英字新聞などなど様々なジャンルの書籍を聞くことができます。

では、実際のところ本を『聞く』ってどうなのでしょうか?

最近は、週に2、3冊は読んでいる本好きのボクが、このAudible (オーディブル) を使用してみましたので、レビューしたいと思います!

Audibleおすすめポイントと使い方

Audible (オーディブル) には、おすすめのコンテンツも沢山あります。 

今後オーディオブックが普及していき、コンテンツが増えれば筆者もまた利用したいと考えています。

贅沢を言えば、価格がもう少し下がるか、アマゾンプライム会員のサービスのひとつになってくれればと思っています。

Audibleの活用法

Audibleが一番活用できるのは、やはり手が使えない時です。

通勤中、入浴中、家事をしている時…など、日常手を使えないけれど頭には比較的余裕があるシーンは結構多いと思います。

そんなとき、Audibleは真価を発揮します。 

ボクの場合は、

  • 毎日の日課の散歩の時間(徒歩)の20分
  • 毎日の入浴20分
  • 炊事・洗濯中の時間30分

といった感じで、手が使えないときに利用することが多かったです。

また、Audible (オーディブル) は高速再生にも対応しているため、1時間程度読む時間がかかる本の場合でも半分以下の時間で読み終えることができます。

最初は、1.5〜2倍速程度で再生し、慣れてきてから2.5〜3倍速再生に挑戦してみると良いでしょう。

思った以上に多くの本を読むことが出来るようになります。

Audibleのおすすめポイントとコンテンツ紹介

とはいえ、Audible (オーディブル) にもおすすめのコンテンツは沢山あります。

これから、利用してみたいという方もいらっしゃると思いますので、初めて利用してみて、お気に入りだったコンテンツをいくつかご紹介します。

例えば・・・

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
自分を操る超集中力
自分を操る超集中力
心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 (単行本)
新品未使用品です。店頭陳列しておりましたので、表紙にスレ傷などございますが、商品には問題ございません。一部ヤケ、スレなどがある場合がございますので、完全に新品が良い方はご遠慮下さいませ。ご注文後、Amazon.co.jp 配送センターより迅速に発送されます
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書)
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの (角川EPUB選書) の書籍です。
人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)
グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研&...

 

などなど、書店で人気の本が『聞き放題』なのです!

Audible (オーディブル) は、KADOKAWAなど有名出版会社と、パートナーシップを組んでおり、買えば1,000円以上する有名な本が豊富に提供されています。

並んでいる本は、Amazonの『読み放題』サービスであるKindle Unlimitedとは異なるため、このAudible (オーディブル) Kindle Unlimitedを組み合わせて利用すれば、日本の書籍の大部分を好き放題に読むことができます。

『いろんな良書を読みたい!』という本好きのあなたにはうってつけのサービスだと思います。

話題のAudible (オーディブル) の1ヶ月無料体験はこちら!

満員電車でも本を楽しめる!

そんな人気書籍を聞くことができるAudible (オーディブル) ですが、

使ってみて気づいた点は、『満員電車でも本を楽しめる』ということです。

京都や、大阪などへの移動時間、だいたい1時間〜1時間30分ぐらいなんですが、やはりその時間は本を読んだりして有効活用したいものです。

ところが、時間によっては満員電車で押しつぶされ、本を出して読む余裕など全くないほどです。

そんな移動時間において、このAudible (オーディブル) を使いはじめてみたところ、イヤホンをしていれば、読みたい本を朗読してくれるため、手が塞がる満員電車でも、素敵な読書体験をエンジョイできました

また、満員電車だけではなく、散歩中やランニング中などでも本を楽しむことができました。

場所を気にせず、スキマ時間で本を楽しむことができるサービスなのです。

本だけに集中できて、気が散らない!

そして、本を『聞く』体験を通してわかったことは、かなり集中できてスラスラ頭に入ってくるということです。

いつも本を読むときは、スマホにKindleアプリを入れ、アプリから本を読んでいるのですが、どうしても気がついたら、Twitterを開いたり、LINEを見たりと集中できません・・・。(まぁ、いろいろなことに興味津津なお年頃です♪)

しかし、Audible (オーディブル) を使って、スマホはカバンにしまった状態で本を聞いていると、ついつい他のアプリを開くことなく、本だけに集中することができサクサク進むのです!

速読タイプの方は、使いにくいかも?

使っていて思ったことは、『速読したい場合には少し使いづらい?』という点です。

速読の仕方は様々にありますが、冒頭箇所のポイントだけを読んで、本の中身を短時間で理解するというやり方で速読をされる方にとっては、少し使いづらいかもな、というのが感想です。

音声で、文章を1から全て朗読するわけなので、速読時に読み飛ばす具体例の箇所も丁寧に読んでくれます。

したがって、ポイントだけ読みたいぞっというタイプの速読マンにとっては、少しイライラするかもしれません。

一方で、僕自身読むときは速読で読むタイプの人間ですが、読む速度を3倍速まで速めることができるので、そこまで苦痛に感じなかったというのが所感です。

【まとめ】本好きには、とっても嬉しい幸せになれるサービス!

総括すると、書店で並んでいる人気書籍を、満員電車やランニング中など、スキマ時間で楽しめることができるので、本の虫の私にとってはかなり幸せになれるサービスでした。

ボク個人としてはそのような結論に至りましたが、実際のところ、サービスの良し悪しは人それぞれかと思います。

Audible (オーディブル) は、1ヶ月無料で体験することができるので、試してみて継続的に使っていくか否かをご自身で判断いただければと思います!

話題のAudible (オーディブル) の1ヶ月無料体験はこちら!

 

早速ですが、いろいろ試して楽しいので、よりわかりやすくAudibleの始め方を猿でもわかるレベルで解説してみようと思いますので、楽しみにしていてください!

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/