LINE@へのご登録はこちらから♪

なんて呼ぶ?今川焼き・大判焼・回転焼…?呼び方によって出身地がわかるらしい

「え、これ今川焼き以外の呼び方あったの?」

Facebookの記事で、こんな内容をアップしたんです。

友達限定ですけど・・・。

只今、三人で「これ、ホントは、なんて呼ぶ?」のか問題が発生中です。(今、三人でいるんですけど、「えっ、マジで?」ってなりました。三人が三人とも、まったく違う名前を呼ぶんですよ・・・。)
そんな、すごいことってあるんかいな?・・・って三人で大爆笑してしまったのでした。

そうなんです。京都駅で打ち合わせしていたときに、ふと三人で甘いもんが食べたいなぁ〜って物色したら、お店を発見したんですね。

御座候 JR京都伊勢丹店
075-352-6654
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901
ジェイアール京都伊勢丹

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26017228/

そう、この小麦粉を焼いた生地の中に、あんこがつまったお菓子。

あなたはどう呼びますか?

三者三様?十人十色?なんだ、このざわつき・・・

ボクたち、男子三人でいたのですが、三人が三人とも、違う名前を叫ぶ。

えっ、マジか?

今川焼、大判焼き、太鼓焼き、回転焼き…様々な呼び名があるアレですよ。アレ。

たまに、滅茶苦茶食べたくなりませんか?

子供から大人まで、ボク達日本人の心と舌をがっちり掴んで離さない、あの和菓子ですが、今や日本国内のみならず、海外の人たちも買って食べられているんです。

そして、「これを何と呼ぶか問題」が発生します。

で、三人が三人とも違うカテゴリの人間なので、いろいろ調べてみたんですね。

ひとりは、電話を片っ端からかけ始める、もうひとりは、LINEを一斉送信するってなかなか、こんなことを見ることはないわけです。

周りから見れば、なんでこんなんでテンション上がってんだって話ですよ。

ボクは、いろいろネットを使って情報を調べてみました。

そこで行き着いたのは、この本とウィキペディアだったんです。

本は、これです!!!

事典 和菓子の世界 | 中山 圭子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで中山 圭子の事典 和菓子の世界。アマゾンならポイント還元本が多数。中山 圭子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また事典 和菓子の世界もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

出典:amazon.co.jp

ウィキペディアは、これ!!!

江戸市内の名主今川善右衛門が架橋した今川橋付近の店で、桶狭間合戦にもじり「今川焼き」として宣伝・発売し評判となったため、一般名詞化広がったとする説がある

出典:今川焼き – Wikipedia

これは出身地が特定できると言われる程、地方やお店によって様々な名称で販売されている。この伝統的な『和菓子』ですが、関西……特に兵庫には『御座候(ござそうろう)』と呼ぶ地域があるそうなんです。

Facebookのコメント欄にも、『御座候(ござそうろう)』って書いてくださった方がいました。

最初思ったことは、『○○焼き』ならまだしも『御座候(ござそうろう)』っていったい……(滝汗。

『今川焼』の由来は地名にあったんだって言う話

江戸時代に現在の東京都千代田区鍛冶町(JR神田駅東側)神田今川橋の近くにあった店が発明したという説が有力みたいなんです。

神田今川橋だから『今川焼』

そんなわかりやすい名前と、親しみやすい味、そして手頃なお値段で瞬く間に全国へ広がっていったようです。店頭で作っているところが見られるお店も多いので、子供達が興味津々に見つめている……という事も、昔はよく見かけた光景でしたが、今は少ない感じですかね。

……反面、地名にちなんだ食べ物の宿命なのか?、全国に広まるや、否や、その地域や、お店によって、様々な名前で呼ばれることになっていったみたいなんですよね。

お陰で現代ではTwitterをはじめとするSNSにて「今川焼なんて呼ぶの論争」が度々繰り広げられているとかいないとか(笑)

ちなみに、これまた人気のお菓子である『たい焼き』は、現在も麻布十番商店街にお店を構える浪花家総本店さんが「今川焼売れないから縁起のいい鯛の型にしてみよう」と閃き販売を開始、その後飛ぶように売れたことから広まっていったそうです。

浪花家総本店
03-3583-4975
東京都港区麻布十番1-8-14

https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13002775/

ボクは、今川焼も、たい焼きも、好きですよ!!

どんな名称があるのか?いろいろ調べてみると意外と深い

太鼓焼き、大判焼き、回転焼きといった所は比較的耳にしますが、ほかにも色々とあるようです。SNSや友人知人の意見もありますが、こういった時頼りになるWikipediaの記事によると……

形状や製法に基づく名称

  • 今川焼 – 全国各地(一部を除く)
  • 大判焼き – 全国各地(一部を除く)
  • おやき – 北海道、青森県、茨城県西部など
  • 回転焼き、回転饅頭 – 大阪市、堺市、九州・山口地方など
  • 小判焼き
  • 太鼓饅頭、太鼓まん、太鼓焼き – 西日本各地、台湾
  • 太閤焼き – 「太鼓焼き」の転訛によると思われる名称。
  • 二重焼き – 広島県
  • 車輪餅、紅豆餅 – 台湾

商品名や地域による名称

  • 浅草焼 – 青森県
  • あじまん – 山形県ほか
  • 甘太郎焼
  • 今川焼き
  • 画廊まんじゅう – 静岡市清水区
  • 義士焼き
  • 御座候 – 姫路市ほか兵庫県、大阪府など全国各地
  • 御紋焼 – 奈良県天理市
  • しばらく – 滋賀県長浜市
  • 志゛まんやき(じまんやき) – 富士アイス系列店(全国各地)
  • 人工衛星饅頭- 兵庫県神戸市
  • ずぼら焼き – 和歌山県海南市
  • 天輪焼 – 三重県松阪市
  • 巴焼き
  • 七越焼き – 富山市
  • 花見焼き – 埼玉県蕨市
  • 日切焼 – 愛媛県松山市
  • びっくり饅頭 – 広島県呉市
  • ヒット焼き – 愛媛県新居浜市
  • 夫婦まんじゅう、フーマン
  • 横綱まんじゅう – 岡山県津山市

出典:今川焼き – Wikipedia

……と、まぁ、実に様々な名称で販売されているようです。

台湾では『車輪餅』『紅豆餅』と呼ばれいるのです。

紅豆っていうのは小豆の事らしいので、なるほど、納得です。

『御座候』って何なの?

Wikipediaにも記載がありますが、関西出身の知人からもまれに聞く『御座候(ござそうろう)』。とは何故『御座候』なのか…?

調べてみたところ、ほぼ確実と思われる答えがインターネット上にありました。

昭和25年に創業した「御座候」

九州佐賀市で一人の男が、当時としては考えられないほど上質の回転焼を売り出しました。これが御座候のはじまりです。

”私が焼いた回転焼で御座います”という気構えと、”お買い上げ賜り、ありがたく御座候”という感謝の気持ちをこめて、「御座候」の看板を掲げました。

御座候Webサイトより引用

……と、どうやら創業当時は回転焼きと言う名で販売しており、御座候はあくまで店名に過ぎなかった様です。

所がその美味しさのあまり、次第にお客さんが「回転焼きください」では無く「御座候ください」と言う様になったのだとか・・・。

まぁ、いろんなことが笑える40歳三人組。

まだまだ調べるとか言い出してるけど、まぁ、こういうのも面白い。

和菓子の歴史の深さを知った、とっても平和な1日でした。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/