LINE@へのご登録はこちらから♪

セルフブランディングで実力を上手に示す方法についてまとめてみた

実力をどう示していくか・・・

これは、ビジネスをしていく上で重要です。

 

なぜならここは、一瞬で、価値を感じてもらえる部分だからです。

 

「じゃあ、実積がない人はどうすればいいんですか?」

 

大丈夫、それについても言及していこうと思います。

 

だから、最後まで集中して、続きを読んでください。

「自分が結果を出す力」と「他人を導く力」は違う

・・・と、その前にいっておきたいことは、「自分が結果を出す力」「他人を導く力」は違うということです。

 

だから、どんなに実積があっても、誰かを導ける力があるか、どうかは分からないんです。

 

つまりは、一流のプロスポーツ選手が引退して、一流のコーチになれるか、どうかは、また別の話ってことと同義で。

 

だから教える側は、「どうすれば他人を導けるか」っていうのを勉強する必要があるんです。

 

これは、もちろんボクもやってるし、教えるのがうまい人は、みんな、そこを研究しています。

 

だから、ここで、何かを教える時に分かっておいてほしいのは、「人をどうやったら、うまく導けるか」をしっかり考えるってことが大事です。

 

どんなにその道で力があっても、それをうまく教えられるかどうかはまた別です。

 

その前提を踏まえた上で、続きを読んでいただければと思います。

実積がある人は・・・

まずは、何らかの分野で実積がある人です。

 

実積があれば一瞬で価値を感じてもらえるので、実積がある人は当たり前だけど、ちゃんと示した方がいい。(参照:3つの基本価値を知り、痛いセルフブランディングを避けよう

 

ビジネスだったら、「月に◯◯◯万稼ぎました」とか、受験指導とかだったら、「◯◯大学合格」とか、作家だったら、「◯◯賞受賞」とかね。

 

こうやってしっかりと実積を示す。

 

ただ、出し方が重要。

 

ビジネス系の場合は、あんまり全面に出しすぎると下品な感じがあるので、「サラッと言う」ってことがポイントだと思うんです。

 

そして、共通認識として基本的には、「あまり実積にとらわれていない感」があった方がいいのではないでしょうか?

 

「月に◯◯◯万稼ぎました(ね?すごいでしょ?)」

「◯大合格!(ね?すごいでしょ?)」

「◯◯賞受賞!(ね?すごいでしょ?)」

 

この、「ね?すごいでしょ?」が見え隠れしないようにしようって・・・。

 

見ている人にとっては、不快なだけであるんですよね。

 

では、次は、実積がない人について。

実積がない人

 

実積がないからといって、ビジネスができないわけではない。

 

さっきも言ったとおり、「自分が結果を出す力」と「他人を導く力」は違うんです。

 

だから、あなたは他人を導く才能があるかもしれないし、才能がなくても勉強すれば大丈夫なんですよね。

 

じゃあ、実積がない人はどうすればいいかというと、「無料コンテンツの質で勝負する」というのが大切だと思います。

 

もちろん、実積がある人だって大切なことだけど、実積がない場合は、より大切になっていくと思うんですね。

 

だから無料のコンテンツでは、「余力を見せつつ、圧倒性を見せる」のが大切です。

 

余力っていうのは、「この人はまだまだ実力がある」って思わせるってこと。

 

圧倒性っていうのは、質なり量なりで見た人を「うぁ、すごいな」と思わせるということです。これが、実積がない人は、とても大切なことなんです。

 

そして、共通して大切なことは、大きく分けて2つあると思います。

共通して大切なこと

まず、1つ目は何かっていうと、「理想の世界に導くリーダーシップ」ということ。

 

教える人たちを「仲間」と捉えて、その人たちと一緒に目指していく未来を提示する。

 

まぁ、よく例えられるのがルフィだよね。

 

ルフィは海賊王になることが夢。

 

ゾロは世界一の剣豪。

 

サンジはオールブルー・・・etc

 

 

みたいに、一見仲間の理想は、バラバラです。

 

だけど、一緒に海賊団としてやっていくことによって、その理想が叶う可能性があるわけです。そして、仲間にそう思ってもらうためには、「理想の世界」を自らが提示する必要があるんですね。

 

それに、同意してくれたら、仲間になってくれるわけだから・・・。

 

さらに、その上で、リーダーシップを見せる必要もあると思うんです。

 

これは、「この人についていけば大丈夫だ」って思われるってことじゃないでしょうか?

 

理想の語り方については、詳しくは参照先を見てほしいなぁと思いますね。

(参照:夢を語る効果を最大限に高める方法

 

そして2つ目は、共通の敵を作るということ。

 

人は、共通の敵に立ち向かう時に、一致団結するものです。

 

たとえば、野球なり、サッカーなりで、スポーツ観戦したことがある人は分かるだろうけど、敵チームを倒すために一致団結して応援するってありますよね。

 

贔屓してるチームが得点を上げると、知らない人なのに隣の人とハイタッチしたりとか・・・。

 

そういう意味で、「共通の敵」を作るのは大切なんだって思うんです。

 

そして、作るポイントは2つで、

 

・同じ業界を敵にする

・なるべく抽象的にする

 

・・・ということなんです。

たとえば、社会貢献団体だったら、その業界を敵にしていく。

 

そして、個人名などは出したら、誹謗中傷になるから、「巷のボイトレ教室は・・・」とかなるべく抽象的にするんですね。

 

「巷のあの団体は、無償で馬車馬のように働かされる。しかも、人には生活があるから、無償でやるにも限度がある。相性が合わなければ去ってくれていいとは最悪だ。だけどボクは・・・・・・」みたいな。

 

敵っていうとイメージが悪いなって人は、「自分の業界はもっとこうなればよくなる!」っていうところを考えてみてはいかがでしょうか?

最後に

いかがですか?

 

今回の話をまとめると、「実積がある人はサラッと出す」こと「実積がない人は無料コンテンツで実力を見せること」が大切です。

 

そして、さらに、共通して大切なのは「理想の世界を提示する」ということ「共通の敵を作る」ということです。

 

しっかり、自分の中に落として込んで活用していただければ幸いです。

こちらも必見の記事です!

 

<参考記事>

>>再定義から生まれるブランドの新たな価値とは?

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/