LINE@へのご登録はこちらから♪

情報発信における時代を捉える大切さについて考えてみた

ー時代を捉えることは大切・・・

 

ビジネスをしていく上で、「時代を捉える」ことは本当に重要です。

 

これはよく例えられることですが、今の時代に、松下幸之助がタイムスリップしてきて、電球を売ろうとしても、ビジネスは成り立たないわけです。

 

 

だから、「時代を捉える」っていうのは、起業家にとっては、本当に大切だし、起業してないとしても、「人とよく関わる仕事」の人にしてみれば、「目の前の人はどういう時代に生きてきた人なのか?」を考えて接することで、仕事の成果が変わってきたりするものです。

ですから、今回の話をしっかり抑えて、発信や仕事に活かしてみてほしいと思います。

それでは、楽しんでいきましょう。
 

これから活躍していくのは・・・

まず、今、時代が変わるにつれて「人の価値観自体」が変わってきていると思います。

 

たとえば、今まで社会を支えてきた人は、「昭和生まれの人」だったわけだけど、今後、社会を支えていくのは、「平成生まれの人」になっていきます。

 

そして、「昭和」と「平成」ではそもそも価値観が違う。

 

だから、ビジネスを仕掛ける側が、訴えるべき「メッセージの質」もまた違ってくる。

 

また、時代に合わないメッセージを発信すると、「なんか、この人・・・サブくね?」・・・って思われる可能性も高くなるわけです。

 

ちなみに、平成がどういう時代かというと、簡単に言ってしまえば、「豊かな時代」です。

 

平成生まれの人たちは、生まれつき食い扶持(ぶち)に困ったりする経験は殆どなく、

「必死で頑張らなくても、ある程度の生活ができる時代」に生まれてきたわけです。

 

だから簡単にいえば、「無欲の人」が多いし、「自分の欲」の為に頑張れない人が多いんです。

 

一方、昭和の時代に生きてきた人の中では、けっこう貧しい環境で苦労したりとか、「バブル期」とかを経験しているから、「こんな車や時計が欲しい!」みたいに、物欲がちゃんとあったりとか、「自分の欲」のためにがんばれる人も多いんです。(反対のことを言えば、お金に汚い、ブロックともいうんでしょうか?)

 

こんな感じで、あなたのビジネスがどういう世代で向けで、どういう環境で生きてきた人なのかで、あなたが発信すべきメッセージは異なるし、それをミスってしまえば、今は、人がいたとしても、時代が進んで行くにつれて、そのうち人が集まらなくなる可能性だってあるわけです。

 

さらに・・・

肩書きが通用しなくなる時代に

そして、もっと言えば、今はあまり「肩書き」とかが通用しなくなりつつある時代です。

 

どういうことかというと、昔は、先生の言う事は絶対で、怒鳴って言うことを聞かせたり
することが出来たけど、最近はすぐに問題になったりするわけです。

 

だから、どちらかといえば、先生が生徒側に歩み寄る必要があるし、今は、「先生の言う事は聞く」のではなく、「好きな先生の言う事は聞くけど、嫌いな先生の言う事は聞かない」という、価値観になってきているのです。

しかも、その理由が、「なんとなくキモいから」とか・・・。

 

そういう時代。

 

だから、本当に、時代性を考えたりしないと、どんどん孤立していく可能性すら出てくるわけです。(すでに、孤立状態になりそうな人をたくさん見てきました。)

今後の情報発信

そして、今後の流れは必ず、(ある程度の実績があるのは、当たり前で)「この人の発信が面白いから、この人の企画に入ってみよう」みたいな感じになっていくでしょう。

 

たとえば稼ぐ系だったら今までは、

「その人がいくら稼いでいるのか?」

・・・みたいな実績が最重視され、人が集まっていたのが、

「その人自身が面白いかどうか?」

・・・が、重要視されるようになってくるということです。

だから、実績って、別に大きい必要はないですし、むしろ、実績がどうこうよりも、「その人自身の人間的な価値」が重要になってくると思いますし、今後は「他の人よりたくさん稼がごう!」ではなくて、「(ある程度の実績があるのは当然で)他の人より価値ある人になろう!」の方が、より正解に近くなっていくということです。

 

人が価値を感じる部分には、機能、感情、世界観の3つがあると「ブランディング3つの基本価値」の記事で解説しましたけれど、この考え方で言えば、より、「機能的な部分以外のところ」が重視されるようになっていくということです。

 

そして、ネットビジネスとかだったら、高級車だったりブランド品で、身をガチガチに固めたりして、

「とにかく稼ぎましょう!」

 

・・・みたいな、恥ずかしいブランディングや、発信しか出来ないような人は、ドンドン消えていくだろうし、(「稼ぎましょう!」という発信が悪いわけではないですけどね。)今後は、(稼ぐのは当たり前として)「自分をより成長させましょう!」とか、「世の中の為に貢献していきましょう!」っていう、発信の方が確実にウケるようになっていくのではないでしょうか?

 

これが、なぜかというと、さっきも言った通りで、今の若い人たちはそもそも、「自分のために頑張れない」からなんですよね。

 

平成育ちの人は、生まれつき豊かだったから、「自分の為に何かを頑張る」よりも、「他人の為に何かをしてあげる」方が、大きな喜びを感じるわけなんです。

 

これは本当に、ボクもたくさんの人と触れ合ってきて思うし、元々の部下だった人間とこないだ久々に再開しましたが、この話をしたら、やっぱり同じ意見だった。

 

今、周りで若くしてリアルビジネスで結果だしてる人は、こういう人が多いですからね。

コミュニティの価値

そして、どんな業界でも、時代が進めば進むにつれて、「コミュニティの価値」っていうのが、重要視されるようになってくると思うんです。

 

たとえば、衣料品とかだったら、昔は、肌を隠せれば(機能的な価値が満たせれば)良かった。

 

そして、次には、「自己表現的な部分」の価値が(いわゆる、オシャレの部分が)重要されてきた。

 

そして、近年では、ユニクロみたいなファストファッション志向が強く、「安くて機能的、でもある程度のオシャレも出来る」ことが重要視されてきた。

じゃあ、その先にいきつくのは何かっていうと・・・

「どんな人が、それを着ているのか?」

 

・・・という価値観です。

つまり、製品自体が良いのは当たり前で、

・それを使ってるのはどんな人?

・その人たちはイケてるの?

 

・・・ってことです。

そして、これが、ボクの言いたい、「コミュニティの価値」であって、今後のビジネスで考えたい、ブランドを形成するひとつの大きな要素じゃないかなって感じます。

 

そして、コミュニティを形成するには、リーダーがいて、リーダーの人間性的な精神性の高さによって、集まる人の質っていうのも決まってくるって思います。

 

だから、情報発信としては、「ひたすら稼ぎましょう!」じゃ、きつくなっていき、もっと、「世の中に貢献しよう!」っていう発信していかないと、実績や実力があったとしても、苦労しやすくなるし、心で思ってもないのに、「世の中に貢献しよう!」なんて言っても響かないから、「自分だけ稼げればいいや」ではなく、自分の使命を考えたりなど、もっと、意識を高く持つことが大事というわけです。

最後に

いかがだったでしょうか?

 

最初に戻るけど、時代を捉えることは本当に大切です。

 

そして時代が変われば価値観も変わるし、今後はどんどん、「コミュニティの価値」っていうのが重要視されてくるじゃないかって思っています。

 

そして、それを高めるには、リーダー自身が意識を高くもつ事が大事であり、そういった発信をしていくことが大切です。

 

重要な話の回になったなぁと、自己満足に陥っております。

 

しっかりと覚えておいて下さいね。

今回の話に関連して、「マーケティング4.0の”自己実現”に適した情報発信とは?」も読んでおくことをオススメですよ。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/