LINE@へのご登録はこちらから♪

本当はすごい『言霊(ことだま)』の力!自分が発する言葉に宿る力について

みなさんは『言霊(ことだま)』という言葉をご存知でしょうか?

 

ボクは、基本『幽霊』とか『お化け』とかそういうのはあまり信じないタイプの人間なんですが、この言霊というのだけは、すごく、すごく信じております。

 

安心と信頼のWikipediaで調べると、

言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。清音の言霊(ことたま)は、森羅万象がそれによって成り立っているとされる五十音のコトタマの法則のこと。その法則についての学問を言霊学という。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされました。

 

身近な例を挙げるならば、

・猛暑の季節に『暑い暑い』と連呼してたら余計に暑くなった。

・異性の友達を『好き好き』言ってたら本当に好きになった。

・奥さんの作るご飯を『黙々淡々』と何も言わず食べる。

 

…最後のは、少し違いますかね。

 

言霊は、ただ一人でつぶやくよりも、誰か相手に言葉で意思を表示することでその真の効果を発揮します。

 

言葉に出すことで、自分の中に思い込みを作るのです。 

自分の限界の思い込み

鎖につながれた象

ゾウは、とてつもなく重たい丸太を、その鼻で軽々と持ち上げるほどの力の持ち主です。

 

しかし、サーカスのゾウは、子供の頃から太い杭に鎖に繋がれて躾けられます。

 

それに、抵抗して杭を引き抜こうとしますが、鞭で叩かれ引き抜かないように躾をされます。

 

これを繰り返すうちに、ゾウはここから逃げ出せないという思い込みを自分の中に作るのだそうです。(ちょっと、怖い話ですが、リアルなお話です)

 

すると、ゾウは、成長して大人になり、杭を易々と引き抜く力を持っていながらも、決して逃げ出す事はないのだそうです。

ノミとコップの話

似たような話で『ノミとコップの話』の話がありますね。

 

<参考記事>

「ノミとコップの話」自分の限界を決めずにもっと、もっと先へ

参考記事があるので、簡略しますが、自分の身長の何倍も高くジャンプできるノミをコップに入れ蓋をする。

 

最初はジャンプしても蓋にぶつかるのですがその内、蓋の高さまでしかジャンプしなくなります。

 

そして蓋をはずし、ノミをコップから出してやると、ノミは天井がないにも関らずコップの高さまでしかジャンプしなくなってしまいます。

 

ノミは自分の限界を作ってしまうのです。

言霊で思い込みを上書きしよう

自身を奮い立たせる

動物や虫と違い、ボクたち人間には言葉という意思表現の方法があります。

 

その前に、この動画を見てほしいと思います。

 

http://dai.ly/x5o5146

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/