LINE@へのご登録はこちらから♪

「日本の1円硬貨には、世界で唯一の特徴があるらしい」・・・って、試したらホントだった!って話

1円硬貨は、ちょうど1gです。

 

・・・なので、重さを量る分銅の役目としても便利ですが、他にも世界に流通する硬貨で唯一と言われる特徴があります。

 

海外で驚かれていたと言われている、1円玉だけが持つ個性とは何でしょうか?

A Japanese ¥1 coin is so light it won’t even break surface tension on water. from mildlyinteresting

答え:水に浮くこと。

浮くといっても水より軽いわけではなく、そっと水面に置いたときに表面張力によって浮かび続けます。(上手に置かないと沈みます)

1円玉より軽い硬貨はあっても、少なくとも、簡単に浮かぶものはないのだとか・・・。

 

ちなみに、スペイン語やポルトガル語のWikipediaでは、水に浮かべることができると紹介されています。


Por Eclipse2009Obra do próprio, CC BY-SA 3.0, Hiperligação

Moeda de um iene – Wikipédia, a enciclopédia livre

 

海外掲示板のコメントをご紹介します。

 

●信じられないよ……。

●いったい素材は何なの?

(投稿者)ほとんどアルミだよ。

●日本の1円硬貨は100%のアルミで作られている。そしてとてもユニークな軽さだ。

↑きっと製造には額面以上のコストがかかっているにちがいない。

(追記)やっぱりそうだった。アメリカのペニー硬貨も同じらしい。

↑じゃあたくさん集めて溶かして売るほうがいいっていうの?

↑日本の硬貨のことについて知らないが、アメリカの硬貨を溶かすことは違法である。
(※日本でも違法:貨幣損傷等取締法 – Wikipedia

●すぐ紛失しそう。

(投稿者)失くしてもいいくらいだ。

↑なぜ?

↑先進国ではもっとも価値の低い硬貨のひとつだからね。

↑現在0.009ドル。

●レジの人からお金をもらうエネルギーだけで、1円以上ってこと? マイナスの通貨だな。

↑まるでセロリのように。

↑セロリのカロリーはマイナスじゃないよ。

↑1円にはほとんど価値がないね。

↑アメリカのペニーより価値がない。ペニーでさえ作るのに損をしているのに、日本も作るのに損をしているだろう。

(2003年で1枚当り約14円、2015年で約3円の製造コスト:一円硬貨の製造コスト – Wikipedia

●最近日本に行ったんだが、1円玉は本当におもちゃのコインみたいだよ。500円硬貨はナイスだった。地元にも5ポンド硬貨があればいいのにな。

●やけにじめじめした水だな。

(投稿者)カップの中は黄色だ。

↑ティーだと予想。

●そんな価値がない硬貨を、なぜ日本は作っているの?

↑水に浮かべるためさ。

まとめ

現金取引率の高い日本では消費税のために必須な1円玉ですが、電子マネーの普及によって流通量や、需要は、だんだん下落しているとのことです。

 

ボクたちは、1円玉を大切に扱っていかなくてはいけないと改めて知り、そして、海外の人たちにも、感動を与えているんだと、感じたのでした。

 

<参考記事>

1円玉の原価は3円かかっている!?赤字で製造される一円硬貨の雑学がすごすぎた

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/