LINE@へのご登録はこちらから♪

「大事の前の小事」で目標に向かってバランス良く生きるってこと

深いふたつの意味

下記の2つの意味がある。

 

・大きなことを成し遂げるには、小さなことの積み重ねが大事で、小さいことを軽く見たりせずにしっかりと取り組んでいくこと

・大きなことを成し遂げるための過程では,ささいなことなことに気を取られたり、小さな犠牲を気にしてはいられない

何事もバランスが大事ではないか

「大事の前の小事」という言葉には、ふたつの正反対の意味があるが、両方の意味をバランス良く心がけて行動していくことが大事だと思うんです。

 

ボク自身のことを振り返ってみたら、ボクは、両方ともできていない中途半端な人間だったんですね。

小さなことの積み重ね

 

「大事の前の小事」という心がけで階段を登ることを例えるなら・・・。

 

大きなことを成し遂げるのだから、目標に続く階段は、とてつもなく長い階段です。

 

ボクには、羽で飛んで一気に頂上に行くこともできないし、1段飛ばし、2段飛ばしするほど跳躍力もない。

 

階段を上りきるには、1段1段登るしかない。

 

それなのに、羽が生えないか考えてみたり、1段飛ばし、2段飛ばししようとして、踏み外し怪我することはよくないことです。

そえは、起こりえないことを考えたり、無駄に時間を浪費し、もしかしたら、再起不能になることにも繋がるとても無駄で危険なことです。

 

大事の前の小事の一つの意味である、「小さいことの積み重ね」とは、1段1段しっかりと確実に登っていくこと。

ささいなことに気を取られない

大きなことを短い人生で成し遂げなければいけないのだから、早く階段を登って行かなければいけない。

1段1段を登っていくしかないが、早く登ることも大切なことです。

 

階段を登る最中に、ぶつけたりしてできたちょっとした傷や、靴の汚れなどを気にすることはよくないわけで・・・。

 

それは、小さな犠牲を気にしたり、ささいな、どうでも良いことを考えることなので、とても無駄なこと。

 

大事の前の小事のもう一つの意味である、「ささいなことに気をとられない」とは、余計な小さなことに気を取られず、なるべく早く階段を登っていくことではないでしょうか?

普段どういう場面に活きてくるか

小さいことの積み重ね

一気にサービスを完成させることを考えていないか?

そのサービスがうまくいく根拠を積み重ねているか?

その仕事・取引をするために大事なこと、必要なを積み重ねてきたか?

ささいなことに気をとられない

会社の収益のあげ方に対するそのこだわりは本当に必要なことなのか?

なにが重要なことが優先順位の付け方があっているか?

重要でないことを優先して、無駄なことをしていないか?

そのことはどうしてもやらなければいけないのか?

切り捨てられないのか?

大事の前の小事の精神で生きていく

大きなことを成し遂げようと考える人ならば、必要なことでないかと考えています。

普段から意識していきたいなぁって思いますね。

ボクのミッションステートメントの中にも、大事の前の小事で行動するということは、含まれていることです。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/