LINE@へのご登録はこちらから♪

人をバカにする人がもつ心理的コンプレックスと特徴

上から目線の物言いで、他人を不快にさせる人。

 

いつも他人を小馬鹿にした態度を取っている人…。

 

人をバカにする人は、いったいどんな心理で他人を見ているのでしょうかね?

 

その人たちの内面を探ってみると、ある特徴や、傾向に行き着いていくんです。

 

実は、その人たちの心理には、こんな意味合いがあったのです。

人をバカにする人は無意識下の欲求が強い

どんな社会にも、他人をバカにする人は少なからずいるもの。

 

何かにつけて他人をバカにするような口調で話したり、貶めたり。

 

そういった人たちは、いったい何を考えているのでしょうか?

 

心理学の専門家によると、こういう人たちは「人よりも優位に立ちたい」「自分の身を守りたい」という気持ちが強いそうです。

 

他人をバカにすることで「自分のほうができる」とアピールしようとしているのでしょうね。

 

また、「憧れ」もあるそうです。

 

例えば、自分にはできないことを難なくやってのけるような人に対して、小馬鹿にした態度を取ることで、「自分はそんなこと興味がない」という風を装い、自身の評価や立ち位置が下がらないようにする傾向があると言われています。

人をバカにする人にはこんな特徴がある

人をバカにする人の特徴としてあげられるのは、「自分に自信がない」ということです。

 

自分に自信があるのなら、人をバカにするのではなく、面と向かって勝負をすればよいのですが、自信がないからこそ、人をバカにする態度を取って逃げてしまうのです。

 

口では色々言うけれども実際には何もしないタイプなど、まさにその典型ではないでしょうか?

 

また、人をバカにする人たちは総じてプライドが高く、何らかの心理的コンプレックスを持っているという特徴もあります。

 

自分を認めさせようという気持ちが強く、簡単には意見を曲げないので、周囲と衝突することもよくあります。

 

そして、厄介なのが、自分よりも弱い者を嗅ぎ分ける力に優れているところです。

 

人をバカにする人が大人しそうな人やいいなりになりそうな人と一緒にいるのを見たことはありませんか? 

 

その人たちにとって自分よりも弱い立場の人間は、居心地のよい存在。

 

見つけたら寄っていき、バカにしながらも自分が優位に立つ関係を築こうとするのです。

人をバカにする人への対処法

人をバカにする人とうまく付き合うには、相手の心理状態に意識を配る必要があります。

 

バカにしているのがコンプレックスの表れなら、一緒に同調するよりも、さりげなく話を変えて逃げたり、相手にしなかったりするほうがよいでしょう。

 

もし、攻撃された場合は、相手の心理状態を見ながら(怒らせないようにしながら)、しっかりと自分の主張をしたほうがよいでしょう。

 

「でも、私はこう思ってしているから」というように。

 

いずれにせよ、相手の特徴を知り、冷静に対処することが欠かせません。

 

言われっぱなし、やられっぱなしではなく、相手の心理に「否定された」というイメージを植え付けないように気をつけながら、しっかりと自己主張することが、相手との間に変な力関係を生じさせないコツとなるでしょう。

 

人をバカにする人の多くは、心理的にコンプレックスを抱えている人です。

 

自分が優位に立ちたいという欲求が強いという特徴があるので、面と向かって反応せずに、適度にあしらうか、毅然とした態度で接しましょう。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/