LINE@へのご登録はこちらから♪

出逢いも行動も、最初のインスピレーションに従おう

考えても、最初に戻ってみる

 

最初に、ピンときたことってのが、結果的に正しかったことって意外と多いと思うんです。

 

人間関係でも、見た目の第一印象とは別に、肯定的であれ否定的であれ、何かピンとくるものって誰でもあります。

 

その後、実際にその人と関わり持ち始めてから、なんだかんだと紆余曲折あって相手のことが良く分かると、実は、最初に感じたピンという信号のとおりでした。

 

・・・ってなことはよくあります。

 

あ、この人とは、深い関係になりそうだと、つながり感じる相手とは、結果的に深い関係に。

あ、この人とは、早々に縁切れそうだと思う相手とは、とっととさよならすることになったり。

 

同様に仕事でも、何か決断を迫られたときに具体的な根拠はないけど、こっちじゃない?と感じることも少なくないんです。

 

その場で決めずに、あれこれ考え、リスクを想定しつつ最小限にしながら最大の効果を、なんて考えながら、結果的に最初に感じた、これじゃないかなぁ?の選択になります。

 

しかも、最初に感じたインスピレーションが、実は結果的に正しくて、あれこれ考えて別の選択してみると、実は、そっちが失敗だったなんてこともよくあるわけで。

 

いや、正直言うと、このブログも、更新する前にじっくり読み直して、やっぱここはこう書こう、これは、ちょっと言葉直そうとかやりだすと、だいたいロクでもない内容になるんですね。

 

後で、読み返して、自分で面白くないと思うときはだいたいこのパターンなわけです。

 

全部が、全部そうだとは言い切れませんが、それでも、多くは、最初のインスピレーションに従ったほうが結果的にうまくいくことが多いんですよね。

 

ボク的な考えですが、特に人間関係なんかは、そういう傾向が強いなぁって感じます。

 

<参考過去記事>

つながりを感じることができる人との出逢いは、インスピレーションに従ってみるといい

 

ボク自身も、これまで関わってきた人で、最初に「つながり」を感じた人との縁って、ホント切れないんですよね。

 

いや、ホントなんですよ。

 

ご縁のつながりの一番上は、最初から、ブレずに変わってない。

 

偶然といえばそれまでですが、同じ感覚持ってる人も多いでしょう。

 

インスピレーションに従ったほうがいい理由

そのインスピレーションについては、ナポレオン・ヒルジョセフ・マーフィーも、主に潜在意識というアプローチから解説していますが、ここでは、ちょっと違う角度から考えてみたいと思います。

 

いや、結論は同じなんです。

 

行き着く結論は、潜在意識になるんです。

 

そこに至るプロセスについて。

 

つまり、ボクたちは、誰であれ思考と行動は、無意識的に最善を考えるんです。

 

別の言い方をすると、最悪を回避することを考える。

 

そりゃ、そうです。

ある意味では、自己防衛生存の欲求に従って考えます。

 

もちろん、そのために、同時進行で先のことも予想しながら動きます。

 

だから、すっごく話を単純化すると、常に、最善かつ最悪を回避する方法を考えているわけだから、最初に出てくる答え、すなわちインスピレーションがその時点での自分にとっての最適解であるということです。

 

そこで、想像を絶するような事態に陥っていたり、極めて、精神的に平常ではない環境に置かれているでもない限り。

 

あれこれ考えても、最初に感じたインスピレーションにまわりまわって帰ってくるだけですよ。そういう意味でもあれこれ考えずに、やはり決断は素早くしたほうがいいのでしょう。

 

<参考過去記事>

立ち止まるから迷いが生まれる。迷ったときは今すぐやる。

 

それに、インスピレーションに従っていき、結構強い自己説得になるので、その自分の判断を正当化させようとして、無意識的に結果が良くなるように思考と行動のスイッチが入るもんです。

 

もちろん、それは宇宙の法則に従っての運命なのかもしれないし、今言ったように、相応の説明ができることなのかもしれない。それは、まあどっちでもいいことなんです。

 

ただはっきり言えるのは、インスピレーションに従って速やかに決断して行動したほうが、結果的にうまくいくことが多いということでしょうね。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/