LINE@へのご登録はこちらから♪

人間力とは?すっげー人が実践している人間力を高める方法について考えてみた

そもそも「人間力」って、なんだろう?

仕事ができる人について考察するとき、よく「できる人は人間力がすぐれている」と表現することがあります。

 

では「人間力」とは何なのでしょうか?

 

2003年、内閣府は「人間力戦略研究会」を設置し、報告書のなかで「人間力」について、次のように定義しています。

「人間力とは、社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力」

 

今回の記事は、人間力とは何か、人間力を高めるにはどうすればよいか考えてみたいと思います。

キャリアを積んでいくほど問われる人間力

前にも出てきた人間力戦略研究会では、人間力を構成する要素として、次の3つを挙げています。

 

1.知的能力的要素…基礎学力、専門知識やノウハウ、学力や知識を継続的に高めていく力、論理的思考力、創造力

 

2.社会・対人関係力的要素…コミュニケーションスキル、リーダーシップ、公共心、規範意識、他者を尊重しお互いを高め合う力

 

3.自己制御的要素…1.2を発揮するための意欲、忍耐力、自分らしい生き方や成功を追求する力
こうした要素が高い人は、自分に与えられた仕事ができることはもちろん、リーダーシップを発揮してプロジェクトを勧める力があるとされています。役職が高いほど、こうした能力が必要とされています

できる人の行動を知ることは、人間力を高める第一歩

人間力を高めることができるのは、特別な人だけと思っていませんか?

 

先に示した3つの要素は、「自分なりの目標を掲げ、自分自身をつねに高め、相手のことを思いやる」と言い換えることができます

 

身近にいる「できる人」の行動を、3つの要素の視点でチェックしてみましょう。

また、自分ならどう行動しているかも振り返ってみるのもいいのかもしれません

 

できる人が実行していて、自分には足りないと思ったことはすぐに試してみることが大事ですね。

 

まねることを続けていると、やがては自分のものになります。いいと思ったことはすぐに行動に移すこと。じつはこれも「人間力」を高める上で、有効な行動なのです。

すっげー人が実践している人間力を高めるポイント!

人間力を高めるためのポイント①「相手のことを思いやる」

人間力を高めるために必要な要素のひとつに「社会・対人関係力」があります。平たく言えば「相手のことを思いやる力」。職場はもちろん、顧客、取引先など人はつねに「誰か」と関わって仕事をしています。

たとえば営業職の場合、お客さまが何を求めているのか、どうすれば喜んでもらえるのかを考えることは仕事の原点ともいえます。求めていることが明確になると、あとはそのゴールに向かって進んでいけばよいのです

社内の組織に目を移してみると、よい上司は部下の話をよく聞きます。部下のことをよく知り、彼や彼女の特性に役割を与え、プロジェクトを成功へと導きます。

 

相手に思いをめぐらすことは、自分が何をすべきかを考えるうえでも大切なことなのです。

人間力を高めるためのポイント②「自分自身を評価する」

人間力を構成する3つの要素、自分はどれぐらい満たしているか? 自分自身を評価することは、人間力を高めるうえで大切なことです

 

自分の強みと弱みを知れば、強みはより伸ばそうと思い、弱みは克服しようと努力します。

 

自分自身を分析するときは、単なる長所・短所を洗い出すだけでなく「自分はこういう行動や思考のパターンを取りやすい」といった考察にまで踏み込んでみてください。

 

さらに「自分自身」という言葉は、「自社の製品」や「自分の部署」などに拡大して考えることもできます。

人間力を高めるためのポイント③「常に自分を高める」

人間力の要素に知的能力がありますが、単に学力や知識があるだけでなく、それを継続的に高めていく力も人間力も大切な要素とされています

 

そういう意味で「読書」は自分を高めるためのツールとして、不動の地位を保っています。

 

手軽でありながら、幅広いジャンルに触れ合える手段だからでしょう。

読書やスポーツ、資格取得、ボランティアといった自己啓発だけでなく、業界の動向について自発的に情報収集をしたり、仕事の方法を改善したりすることも、つねに自分を高めることにつながるのです

人間力を高めるためのポイント④「素直であること」

さまざまな本やサイトで、「仕事ができる人」「人間力が高い人」の要素としてまっさきに挙がるのが「素直であること」ではないでしょうか?

 

できる人ほど、立場に関係なく自分のためになると思ったことはすぐに取り入れます。

 

そんな簡単なこと? と思われそうですが、キャリアを積むほど、プライドも積み重なり、自分より社歴が浅かったり、自分の専門分野とは異なる人の意見を取り入れることができなくなってしまいます

「誰から言われたか」ではなく、「言われた内容が自分にとってためになることか」を基準に考えるクセを意識的につけておきましょう

人間力を高めるためのポイント⑤「目標を設定し、実行する力」

「仕事ができる人」のすぐれている点として、目標を設定し、実行する力が挙げられます。これは人間力の要素である「自己制御的要素」にもつながります。「できる人」は、ひとつのプロジェクトや販売目標が設定されると、目標を達成するために月次・週次・日次とそれぞれのスパンでやるべきことを細分化し、それぞれの目標を達成するためにすぐに動きます

つまり、ビジョンを明確にし、そのときそのときの課題をクリアすることに注力し、仕事を先送りにしません。リーダーとなって仕事をするには、こうした要素は必要不可欠になります。

人間力を高める行動から見える「律する心」

いかがでしかた? 今回は人間力を高める方法についてご紹介しました。

人間力を高めるには自分を律する必要があります

 

人の意見に耳を傾けることも、目標に向かって進んでいくことも、自分を律する心がなければできないからです。自我だけで行動しているうちは見えている世界も狭く、人間力はまだ発展途上の状態です。

 

自分自身の現在の姿を知り、自分の未熟さを自覚して、律する心が育ちます。そこで初めて、人の意見に耳を傾ける素直さを持つことができます。また、自分自身をわかっているからこそ、目標を明確に設定し、必ず達成しなければならないと自分に課すことができます。

 

自分を高め、相手を思いやり、自分をコントロールすること。多くの人がなかなか実行に移せずに悩んでいます。一朝一夕に人間力を高めることはできません。

1日30分、読書の時間を作ってみる。

 

あるいは、仕事に関することで上司から指示を受けていないことだけど、役に立ちそうな情報を集めてみる。

一つひとつの小さな行動の積み重ねが、きっとあなたの人間力を高めていってくれるはずです

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/