LINE@へのご登録はこちらから♪

無理してできない約束しても心身ともに疲れるだけ

無理してできない約束しても心身ともに疲れるだけです。

できることを確実にやるから心身の充実感が得られるって思うのは、ボクだけでしょうか?

無理してもセルフイメージが下がるだけ

誰だって、背伸びして自分を大きく見せたいと思うものです。

そうでなくたって、他人から評価を下げられたくないからといって、無理して大きいことを言ってしまうことはあるものです。

もちろん、夢や目標はでっかく持ちたいし、持つべきです。

 

わざわざ自分で、自分の可能性を小さく見積もる必要なんかありません。

 

とはいえ、できない約束をするくらいなら最初からしないことです。

 

約束した相手に迷惑がかかる。

 

それは、当然。

 

でもそれ以上に、自分で自分にできないセルフイメージを植えつけてしまうからです。

 

そもそも、できないと思いながら取り組むことなんかじゃ、ロクな結果は出ません。

 

最初から投げてるし、モティベーションも低けりゃ結果なんか出るわけない。

 

だから何でもかんでも高い目標掲げればそれでいいとか、何でもかんでもできると思えばそれができるかといえば、それは、無理ですね。

 

自己啓発本読んだ!

自己啓発セミナー行ってきた!

だから何でもできるぞー!

 

・・・って、ノリと勢いで、その場はデッカイ目標掲げてみたところで、数日もすりゃ掲げた目標の内容すら忘れてしまうのがオチです。

 

もちろん、それで、いきなり大きな成果を上げる人もいます。

 

でも、その人は、その人。

 

最初から、それができる人だったというだけです。

 

それで結局、

 

あー、私は、やっぱり学んでも成果が出ないやつなんだー。

 

・・・と自己否定をはじめちゃうわけです。

 

セルフイメージ下がる。

負けグセつく。

でも、何かをやりたい衝動だけはある。

 

こんな悪循環でストレス溜まりまくり。

 

今日何か一つチャレンジする

まずは、今の自分ができることをすべてやることです。

 

その上で、力を伸ばす必要があるところを、10%でも、15%でも伸ばせばいいんです。

そして、それでも足りなければ、また伸ばす。

 

いきなり自分の力のはるかに及ばないレベルのこと考えたって、結局は絵空事にしかすぎません。

 

妄想している自分って、カッコイイわーーー!!で終わりです。

 

なんだっていいんです。

まずは、今日できることやってみよう。

 

その上で、明日は、今日までできなかったこと、何か一つにチャレンジしてみよう。

 

そして、それを「やる」と自分自身で約束した上で実際にやればいいと思うんです。

 

その結果が、どうかはやってみなきゃわからない。

 

成功したか、失敗したか、なんて決めてるのは自分自身だから。

 

でも「やる」と決めたこと、自分自身と約束したことをやれたなら、まずはそれをやった自分を認めてあげることがだいじなんじゃないでしょうか?

 

実際にできたなら、さらに、次のステップへ。

できなかったとするなら、具体的な改善策を講じて、またチャレンジすればいいだねなんです。

 

それを、日常的に習慣化してみること。

 

まずは、自分が、自分と「やる」と決めた約束を守ることです。

 

それによってセルフイメージも約束を守れる自分として形成できます。

 

自信がつく。

だからヤル気が湧いてくる。

 

やれもしないことならまだしも、やりもしないことをでっかくブチ上げたところで、その場の気分はいいかもしれませんが、後で、ガックリきて、一番損するのは、自分自身以外の誰でもありません。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/