LINE@へのご登録はこちらから♪

ブログを書いてて思うこと、誹謗中傷は、ご褒美だって思ってます

自分のことを悪くいわれて落ち込む人がいる。

 

どうも、

コイヌマ(@koi_chan88 )です♪

 

そりゃ悪くいわれるより、褒められたいのが人情です。

けどね、よく考えてみてください

 

それは、あなたの投稿が、その悪口を言う人、ウワサをした人の「ココロ」を動かした証拠でもあるわけです。

 

ココロを動かすと書いて「感動」と呼ぶんですよね。

 

日本語って、本当にすごいって思いますよ。

 

そういう意味では、ボクの投稿には、他人のココロを動かすに足るなにかがあったのです。

 

 

そもそも、悪口といっても、伝えるのに、それ相応の手間ヒマがかかります。

 

だって、作り出すわけですから。

 

ぼーっとしていたら、勝手に浮き上がったりしないしね。

 

ちゃんと意味の通じる「伝えたいなにか?」が込められていることには違いなありません。

 

 

その意図が、正しいのか、間違っているのかは、別にして、その投稿自体は、確かに自分自身が生み出した感情の化学反応なのです。

 

悪口も、また「感動」の一種ということを考えれば、充分な成果といえるんじゃないですかね?

 

最近、そんな風に思えてきたんですよ。

 

相手に「悪口を言わせる気にさせた」というだけの情動を「感動」を引き起こさせたのですから・・・。

 

だいたい、もっとも憂うべきは、悪口ではありません。

 

よく芸能人の好感度ランキングにあるように好きのランクも嫌いのランクも似たり寄ったりのランキングになっているのをご存じでしょう。

 

人気がある人ほど悪くいわれることが増えます。

 

これからわかるように、一番憂慮すべきは悪口なんかではありません。

 

無反応です。

 

悪口をいうひともいない。

 

完全無反応。

 

その文章が、良いか悪いかの判断しようもない。

ほら、覚えがありませんか?

せっかく書き上げた投稿にいつまでも、なんの反応もないまま、ずっと日々を重ねるだけという毎日の不安感を・・・。

 

これに比べたら悪口なんて、福音も同然!

 

悪口で心が折れるなんて、贅沢過ぎる悩みです。

 

個人的に悪口で心が折れるなんてひとは、ひとに読んでもらうためにそれなりの努力をしてもいない傾向にある気がします。

 

実際、下手であることが多いです。どんな場であって、下手な人間を褒める人間なんていません。周囲のせいばかりにしないで、自分を顧みる必要があると思います。

 

それなりに努力しているひとは、文章を褒めてもらうのが、どれほど、困難かを知っているから、そんな程度のことで心が折れたりしません。

 

相手の感想から自分の投稿の問題点を分析するくらいの根性は、持ち合わせています。

 

もちろん褒められると嬉しいに決まっていますが、これも素直に受け取りはしません。

 

さらに、次の投稿、文章に生かせないかコメントの分析は欠かせません。

 

以上のことから、情報発信をするなら悪口はダメなことどころか、むしろこっちの勝ちとおわかりでしょう。

 

それとは、逆に、本当に問題なのはまったくの無反応です。

 

ですので、みなさん悪口が書かれたら、しめしめと心の中で勝利宣言しましょう。

 

相手のココロを動かした時点でこっちの勝ちなのです!

大成功した時点で批判や悪口を言われるようになる

文字の通りです。

 

根拠のない批判や悪口を言われたら、その時初めて自分は成功し上手くいった!と思ってください。

 

知名度が上がり、大成功する人ほど批判、悪口、誹謗中傷も多くなります。

 

また、悪口は自分よりもレベルが低く、実力のない人に言われます。

 

根本的な原因は妬み。

憧れに変な感情や思考が入っているから、憧れから妬みに変わるんです。

 

輝いてる人がきらい、幸せそうでムカつく…。そういう変な感情です。

 

レベルが高い人は、レベルの低い人の悪口を言いません。

 

だって全然憧れてないんですもん。

 

悪口言わないどころか、話題すら出ません。

 

悪口を言われている人ほど、キラキラ輝いていて、ポジティブなんですよね。

悪口を吹く人、言い散らかす人は、ほんの一部

マジで、ほんの一部です。

びっくりするぐらい、言っている人のレベルって低い。

 

あと、幸せなオーラがまったくない。

 

なんか、こっちがかわいそうに思えてくるぐらい。

 

この記事を読むと勇気をもらえますよ。ほんとに、すごいって思います。

 

<参考記事>

逆境、失敗、誹謗中傷「それが何か?」――アパホテル元谷芙美子社長に見る“絶対不幸にならない人”のルール - Woman type[ウーマンタイプ]|女の転職@type
アパホテル社長・元谷芙美子さん。これまでに直面したピンチや逆境は数多くあるはずだけど、そんな苦労はどこ吹く風。収益率世界一を誇るアパホテルを牽引する彼女の姿に、毎日が今よりもっと楽しくなる無敵の“ポジティブマインド”を見た。 - Woman type

張本人は、面と向かって言えない人です

結局、悪口を発信している人達ですが、直接、言ってこなかったです。

 

だって根拠のない批判ですから・・・(笑)

 

「批判し合う」のは、別に良いですが、聞かれるとマズい、本人に言えない、批判ですからね。だから、直接言ってこないんですよね。

 

上手くいってない人って、心理的に悪口、陰口を言いたくなります。

 

しかし、面と向かって直接言えないから、その気の合う仲間たちとお話をしているんですよね。

 

表に、出れないのですよ。

 

嫉妬、妬み、憎しみ、劣等感からの批判なので、かわいそうな人です。

 

そういう人って、たいてい、何か問題を抱えてるので、幸せではありません。

 

自分に自信がなく、認めていない。

 

100%パーセント全ての人に愛されるのは難しいですが、うまくいっている人、人生を楽しんでいる人からすれば、そんなネガティブな情報なんて一切いりません。

 

人を傷つけ、誰も得しない。

 

悪口を言われたり、書き込みされたら、反撃したくなるかもしれませんが、反撃した時点で悪口を言う相手と同レベルになります。

 

・・・なので、反発するのではなく、許してしまった方が、気が楽です。

 

ボクみたいに幸せになってね!!!って応援してあげちゃったほうがいい♪

そういうウワサ話を聞いたよーーーって言ってくる人もレベルが低いと思ってください

そういう話題が出てたよ〜とか、

 

そういう話を聞いたよ〜って言ってくる人も、同類です。

 

「こんなこと、誰も教えてくれないよっ!」

 

みたいに

 

「あなたのことを思って言ってます」的なこと言ってくる人いますけど、その人もレベルが低く、批判をし攻撃しているのと、ボクから言わせれば、同じです。

 

はっきりと言えない、自分のせいではなく、人のせいにする人がこのパターンです。

 

「あなたのこと嫌いです。」

 

なんてはっきり言えないから、

 

「あなたのこと言われてたよー」

 

・・・っていうような遠回しな言い方をするのです。
 

怒りが、自分に来るのではなく、相手に飛んでほしいという小心者タイプは、そのような言い回しをします。

 

しかし、心の底では悔しいって思っていますよ。

 

悔しいから、アンチの存在に気付かせ傷つけよう、と思っての言動です。

 

もし、嫌いでなければ、悪口を見たり、聞いたりしても、流すかその場で否定します。

 

いちいち、好きな人に対して、気分を害するようなことは言いません。

 

上手くいっている人達は、匿名アンチは、一切見ません…全くの無関心ですよ。本当におどろくぐらい。

 

レベルが低い人ほど、悪口をチェックし、悪口があるんじゃないかってパトロールしていて、意味ないぐらいに気にしてます。

 

これも、先ほどと同じく、かわいそうな人なので、自分に自信がなく、認めてない人です。

ほとんどの人は、気にしない

悪口を言われたりしたところで、ほとんどの人は、意外と、自分が気にするほど、気にしてないです。(当たり前のことですが・・・)

 

自分が気にするほど、周りもギクシャクしたりするので、そんなこと気にする時間があるんだったら、自分磨きに専念したほうが良いってことです。

まとめ

批判や、悪口を言われるのは辛いですよね。

 

ですが、成功し上手くいっている証拠なので気にせず、がんばっていきましょう!

 

そして、悪口を言う人よりも、自分は、上手くいっているんだということを忘れないことが大切です。

 

それでも、気になるという方へ、悪口や、批判に対する恐怖を取り除くセッションをしてもらうといいかもしれませんね。

 

取り除くことによって、さらに大成功するチャンスです。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/