LINE@へのご登録はこちらから♪

人生に迷うのは、まだ伸びしろがある証拠。成長したければ苦しんだほうがいいってこと

あのですねぇ、、、、

去年までは、悩み始めたら、1週間くらい調子悪くて、テンションも上がらなかったんだけど・・・。

 

どうも。

 

コイヌマ(@koi_chan88 )です♪

 

ボク、最近、あんまり、いろいろと悩むことが無くなったんですよね。

 

もしかしたら、ただ単純に、記憶力の低下が招いた副産物?(笑)・・・なのかもしれない。

 

「悩み」を翌日には、覚えてない。(←結構、マジメな話です!!!)

 

 

 

まぁ、いいや。

気にしない、気にしない。

 

とある、今、住んでいる滋賀県のプロジェクト団体でも、そうです。

 

「あぁぁぁ!ゴメンなさい!忘れてましたーーー!!!!」

 

・・・って言って、それで、自分の中でOKにしてるんです。

 

中には、キレてる人もいたらしいけど、そういう人は、キレててもらったほうがいい。

 

 

「あいつは、クズだ」

「あいつは、ダメ人間だ」

「言ったことをやらない」

 

 

「そうですね!!!」

「間違いないと思いますよ!」

 

・・・って、堂々と胸を張って言えるなぁ。

 

 

だって、人間だもの!!

ミスぐらいしますがな!

 

 

<参考記事>

みんな違ってみんないい。幸せの秘訣は、自分と誰かを比べないことだって思う

 

 

みんな違って、みんないい!はずだし・・・。

 

 

そもそも、思ったんです。

 

ボクは、金銭至上主義だったからいいんじゃんって。

 

金銭至上主義ってどんな考え方??

<金銭至上主義とは?>
金銭や金銭的な価値のみが絶対だとする考え方や人のこと

 

金銭至上主義とは、全ての価値基準をお金、お金以上のモノにおく考え方です。

 

・お金があれば幸せになれると感じる

・人を収入で評価する

・収入が減ると自己肯定感が下がる

 

こうした行動の結果、生活がさらに苦しくなっていきます。

 

ボクは、元々の職業が職業なだけに、金銭至上主義のある面を入れて活動をしていました。

 

 

・簡単に人を順位付けできるため、がんばって収入を増やせば、順位がすぐに上がり、モチベーションアップに繋がる

・生産性の高い活動に集中することができる

・大金を手に入れれば、充実感や、自己肯定感も得られる

 

ただ、現在は、経済のグローバル化が進み、競争が激しくなってきていますし、情報社会の流れも、どんどん変化が早くなってきています。(金銭至上主義に関しては、また別の記事で書きたいと思います。)

 

 

昨今、情報貧富の差が広がり、がんばっても、努力が報われない人が増えているのが事実です。ボクは、今回のプロジェクトにいたっては、金銭的なつながりは、まったくないですからね・・・。

 

仕組みは、しっかり作り上げて、あとはバージョンアップするだけにしてありますから、特におどおどすることもないんですし、あと、ボクの個人的な仕事の感覚です。

 

<参考記事>

無償の仕事はするべきじゃない!その理由について考えてみた

 

あくまで、予想ですけど、公の場で、自分なりに感じたこと書いておきます。

 

たぶん、キレてる人って、なんやかしらの「責任」があるんだと思うんですよね。

 

地位や、

名誉や、

お金が発生しているとか・・・。

 

だから、一切合切、離れることにもしました。

 

みんな違ってみんないいから・・・。

 

なんか理不尽なことを要求されるのには、本当に疲れました。自分が気分良く仕事ができないし、あと、ボランティアでやるにも、限界がある。

 

ボク個人的に、負担している経費の支払いもしてもらえないって、負担でしかないし、団体側も、会議とか、イベントごとに参加しないっていうのが、「やる気あるの?」みたい感じらしいんで、関わらない方が身のためだと判断したのです。

 

<参考記事>

クレーマーってどこにでもいる。これは対処するよりも場に入れないことが重要だって感じた

 

自分の身を粉にして自腹を叩いてまでやることでは、決してないと思うんです。

 

すごくいい考えだし、未来を感じれたんですが、マイナスになってまでやるって、やる気が失せるのも当然ですよ。これは。

 

 

まぁ、個人的には、キレてる人って、こういう人だって、もう認定しているんで、どうでもいいって感じですかね。

 

<参考記事>

「文句があるなら口じゃなくて金出せ」って思うのはボクだけじゃないはず

 

もう、今は、いたって、ストレスフリーの状態です。

 

あと最近は、ほぼ毎日、これが流行りですかね。

 

「トネアイ~♪トネアイ~♪」って感じで、全然気にしてないボク。

 

 

昔、名古屋に住んでいたときに、出稼ぎに来てたブラジル人仲間と仲良くしてた時に、彼らがエライ人に怒られた時に、よく「トネアイ~♪」って歌ってたんだよね。

 

 

で、ボクが、

 

 

「何それ?」

 

・・・って聞いたんですけど、

 

 

『「気にしない~♪」って感じだよーー!』

 

・・・って、教えてくれましたね。

 

とりあえず、ボクも、何かあった時には「とねあい~」って、よく歌ってたのを思い出したんだよね。

 

当時、こんな歌が流行ってたんだね。

 

今聴いてもいい感じだな~★

 

短い曲なので、気軽に聞けますよ。

3回ぐらい聴けちゃうとノリノリになってくる。

Luka – Tô nem Aí

話が脱線しまくりなので、そろそろ本題に入りますね。

ブレない、迷わないってのは、ゴールに着いちゃった証し。そこで人間的な成長は終わりだと思う。だから、成長したかったら、どんどんブレて、迷っていいんだって感じがする

若い時は「自分が進むべき道」みたいな選択肢が、それこそ「無限」と思えるほど存在するわけですけど・・・。

 

とにかく途方に暮れます。

 

当たり前だと思うんですよね。

 

 

どっちを選べばいいのかなんて、誰も「正解」を教えてくれない。

 

お節介で、アドバイスをくれる人も、何かあった時には、責任は取ってくれないし・・・。

 

ボクが、子供の頃は「人生の成功者」ってのは「証券マン」と「不動産業者」「医者」だって教えられました。

 

希望の進路の欄に、みんな同じことを書いていたなぁ。

 

なんか見てて、アホだったなぁ。

 

中学校の進路相談なんかでは「弁護士になって弱き人を救いたいです」って答えるのが模範解答という、なんか訳わからんぞ、みたいな時代だったかなぁ。

 

なんだったんだろうな、あれ。

 

 

人生の成功=カネ

 

 

超!すげぇ!

つまらねぇ!!!!!

(あっ、暴言を吐きましたw)

 

 

まぁ、いいや。

 

若いうちは、迷って、当たり前だからね。

 

むしろ、迷ってないやつはヤバいよなぁ、って思います。

 

そこで、頭打ちですからねぇ。

 

伸びしろが無いってことです。

 

もう、終わってる。

 

さっさと、ゴールにたどり着こうなんて、思わない方が良い。

 

迷ってるうちは、可能性は無限です。

 

 

目的地に着いちゃったら、そこで試合終了なんだよなぁ。

 

 

なんで、こんな事を言うかって思います?

 

ボクが、そうなっちゃったからです。

 

一度、ゴールに着いちゃったから。

 

自分なりに立ててきた目標を走りきって、「やった!!!ついにゴールに着いた!!!」って、ゴールテープを切って、大喜びしたけど、そのあとには、何もなかったんですね。

 

完結しちゃったんです。

 

終わっちゃったんです。

 

次のレースに参加すればいいじゃん!って軽々しく言われてもですね。

 

イヤ、今、ボクが立ってるこの場所が、目的地なんだよね。

 

・・・としか言いようがなかったわけですよ。

 

逆に言うと、次のレースがあると思えるならば、まだ、ゴールに着いていなかったって事でしょうからね。

 

「ボクがなりたかった、なりたい理想の自分」になっちゃったら、そこで成長が止まっちゃったわけです。

 

 

その当時は、

 

「もっと人間的に大きくなりたい」

 

とか

 

「成長したい」

 

・・・とか、全然思えなかったんですよね。

 

「今ので十分、満足」ってなっちゃったからですね。

 

良く言えば

 

「現状に満足している」

「足るを知る」

「ありのままの自分を愛せるようになった」

「いつ死んでもいい」

「やり残したことが何もない」

 

・・・って事なんでしょうけど、悪く言えば、

 

「これ以上の人間的な成長は見込めない」

「自分自身に何も期待していない」

 

・・・ってことなんだと思うんですよ。

 

多少のバージョンアップは、そこにあったとしてもですね。

 

これさぁ、青春の終わりって事じゃないですか?

 

もう、若い、青春時代のように、苦しむ事も出来ないわけです。

 

ただ淡々と、世の中の全ての事が「ああそうですか」で、過ぎていく。

 

望んでいた結末が、これです。

 

寂しいもんだなぁって思いますよ。

 

今の自分を丸ごと、全部受け入れるってのは、そういう事じゃないかな。

 

今のボクは、結婚して、幸せな家庭がある。

 

だからこそ、まだまだ変わりたいと思えるんです。

 

 

「成長したい」と思える。

「成長したくない」とは思えない。

 

 

まぁ、正直な話、そんな事、どっちでもいいことですけど。

 

これ言っちゃうと元も子もないんですけど「明日死んでも、何の悔いもない」ってのは、そういう事じゃないでしょうか?

 

 

どうですか?

 

あんまり楽しそうじゃない?

 

 

だから、あんまり急いでゴールにたどり着かない方がいいんじゃないでしょうかね?何事も。どんなビジネスでもそうですけど・・・。

 

これって、みんな言ってくれないって思いますけど、どうですか?

 

この道の行きつく先は、崖だよって、正直に教えてくれない。

 

「なんちゃらアドバイザー」みたいな人は。

「ほにゃららカウンセラー」みたいな人は。

 

教えちゃうと、金を巻き上げるのが難しくなるから教えないですよね。

 

完全に、今の自分を最高だって思えちゃうと、その先が無いってことを。 

 

その先に見えてくる光の兆しですら、教えてくれない人がいる。

 

だから、悩むことも、一種の特権なんじゃないでしょうか?

 

それじゃあ、もう一度、

 

過去に戻って苦しみたいか?

 

・・・って言われたら、そんなのイヤですよ。

 

ボクはまだまだ。

 

この先、何かがまっている。

 

何かわからないけど、失望感はまったくなにもない。

 

希望は、うっすらしか見えないけど・・・。

 

あとはただ、コツコツと、日常の中にある「小さな幸せ」を拾い集めて、コツコツと前を向いて、一歩一歩、前進するだけでいいんじゃないかなぁって思っています。

 

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/