LINE@へのご登録はこちらから♪

正論を言う人、理詰めで話す人の特徴について考えてみた

今回のテーマは、正論を言う人、理詰めで話す人の特徴と正論と反論、反発の心理学について考えてみたいと思います。

例えば、日常でちょっとした失敗があったときに、

「だから言ったじゃないの。私の言う通りにしていれば、こんな事にはならなかったはずだわ」

などと、奥さんに責められる事があります。

ここで、

「何を言ってるんだ。オレのやり方に口を出さないでくれ。」

と反発して言い返せば、即刻喧嘩が始まっても仕方がありません。

奥さんの言い分が正論であっても、人間にはなぜか反論したくなる興味深い心理があります。

子供の頃から、

「これをしちゃダメ」

「これは食べちゃダメ」

何ど言われれば、ますますやりたくなったり、欲しくなったり、ダメと言われるほど、お母さん相手に暴れてダダをこねたりしたのではないでしょうか?

しかし成長して、道理を覚え、正論を身につけてしまいます。

その方が楽なのです。

確かに、何事もそうですが、ルールを守っている限りは、大きな間違いを犯さない事でしょう。

正しい事、正論、理論…

それを守っていれば問題はあまり起こらなかったりします。

ミスや、失敗、事故と、言ったことが起きるのは、どこかで基本ルールを端折っていたり、いい加減にすませていた時だったりします。

かつて東海村で起きた原発の臨界事故も、バケツで放射性物質を混合するという基本ルールから外れた作業をしていたからです。

正論には反論、反発したくなる心理学

しかし、基本原則だから、快く守れるというものではありません。

逆に基本原則だからこそ、守るものが面倒になる事も多いです。

それどころか、正論には反発し、反論したくなる気持ちも生まれます。

もともと人間には、正論だからこそ肯定できないという心理もあります。

例えば、学校の校則でこうしなければならないと決まっている事をあえて破りたくなる人が出てくるのも、正論に対する反発意識からでしょう。

学生時代には、やたらルールを押し付けてくる正論を言う同級生がいました。

廊下を走っていると、「廊下は走っちゃ行けないのよ」と注意してきたりします。

悪い事を同級生がしていればそれがいかに悪いか理詰めで話す人がいました。

が、同級生からなぜかその人は煙たがれていました。

確かにルールに外れた事はしてはいけない事なのですから、本人にも自分が悪い事をしているという自覚はあります。

しかし、それをあからさまに指摘されると、やはり面白くないですし、反発したくもなります。

正論を言う人、理詰めで話す人の特徴

自分自身も過去にこういう経験があります。

ボクは、元々のやってきた仕事柄、リスクヘッジをするクセがあることが多かったので、かなりの勢いで見抜いてしまいます。ですので、正論をズバッと話すことが多くありました。

ふと、そんな時に読んだ聖書にでてくるのは、エデンの園で、アダムもイブも、食べ物には困っていません。

何も不自由はありません。

それなのになぜ彼らは「禁断の果実」を食べたのでしょう?

…それは、禁止されたからです。

禁じられる、抑圧すると反発したくなるのが、ボクたちの心理学的傾向です。

でも、相手が正論を言う人、理詰めで話す人だった場合、相手の言っている事は
正論なのだから、反対意見は言えません。

つまり、反論をしにくい為に誰でも黙り込まざるを得ません。

もっとも、それが相手の言う事を聞いたという事ではありません。

注意された方としては、納得したという事ではなく、とりあえず服従しているだけなのです。

少なくとも、頭では分かっていても、心では納得できないと言う状態になっています。

納得しなければ、理解はないのですし、理解がなければ肯定もありません。

すると、正論を真っ向から、振りかざすのは、結局、相手を面従腹背させるだけで、心から納得して理解し合う人付き合いにはなりません。

あまのじゃくと反論、反発の心理学

自分が絶対に正しいと思った事は、徹底的に相手に納得を求める人がいます。

とことんまで理詰めで話す人がいます。

しかし、正しい意見だからこそ、従う事が出来ないと言う心理がある事を忘れてはならないのです。

人間にはあまのじゃくなところがあるものです。

暴走族に、近所迷惑だから辞めろと言っても暴走行為は辞めないでしょう。

警察を呼んで、法律と権力をかざして取り締まろうとしても、彼らはむしろ挑発行為を繰り返します。

彼らも自分たちがしている事が正しいとは思っていません。

世間が騒ぐから、余計に暴走行為をエスカレートする側面があります。

暴走行為を楽しませる施設を作って、そこで走れと言っても、まず、彼らは行かないはずです。

毎日「宿題しなさいと」ガミガミ言われたら勉強のやる気もなくなります。

不良相手に、毎日定時刻にみっちりバイクで暴走しなさい!と上から押し付けたとしたら
彼らの暴走のやる気もなくなるのではないかと思うのです。

正論を言う人の対処法

しかし意見の対立は生まれます。

そしてお互いに自分が正しいと譲れない心理に陥ります。

では、自分の正しい意見を相手に正しく納得してもらうには、どうすればいいのでしょうか?

それは一歩引いたスタンスから言えばいいのです。

例えば

「ちょっと間違っているかもしれないけれど…」

と言った一言付け加えておく事で、相手の受け取り方はずいぶん違ってきます。

言われた人にとって、この人の言っている事は、まだ完全なものではなく、間違いがあるかもしれないと思い始めるからです。

その事が、相手に考えさせる余裕を与える事にもなります。

理詰めで追いつめて、無理やり納得させるというのは、人付き合いではあまり好ましい手ではありません。

正論を言う人、理詰めで話す人はなかなか深い人間関係が構築できない特徴があります。

心の中を打ち明け合える仲間がなかなか出来なかったりします。

これは人生単位で見れば、非常にもったいない事です。

正論と反論、反発の心理学

絶対に自分の主張を曲げないという人は、一見、筋を通す頼もしい存在に見えます。

でも、視点を変えてみれば、単なる頑固にすぎません。

或は融通性がないとも言えます。

しかし、人間関係では特に融通性があるかないかという事が重要なのではないかと思います。

こちらが正しくても、相手を徹底的に追いつめては行けません。

正論を言い、理詰めで追いつめ相手を黙らせては行けません。

必ず、どこかに逃げ道を作っておくべきなのです。

その逃げ道は、相手の為でもありますし、また、自分の為でもあるのです。

力と力が押し合ったとき、反発や摩擦が生まれるのもそうですが、そこから視点を変えれば、動きや変化をもたらします。

切り口さえ変えれば、対立だって私たちを静養させてくれるものなのです。

人間関係は理屈だけではありません。

法律や正義だけでは動かない側面もあります。

正論だけでは動かないのです。

正論と反論、反発の心理学を理解した上で、正論を言う人、理詰めで話す人の特徴を持つ人こそこれをわきまえて人と付き合えば、融通の利かない、ウマの合わないヤツと言われることもほとんどなくなるに違いないです。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/