LINE@へのご登録はこちらから♪

死海の塩って具体的にはどんな効果・効能があるの?って聞かれたのでまとめてみた

死海の塩って具体的にはどんな効果・効能があるの?

今、多くの女性の間で、話題の死海の塩こと、デッドシーソルトですが、具体的には、以下のような効果・効能があると言われています。

1.ミネラルたっぷり!美肌・ピーリング作用

死海は、イスラエルとヨルダンの国境沿いにあり、そのミネラル分は海水の約10倍もの量を含むとも言われています。その美容効果は、昔からよく知られており、過去にはあの絶世の美女クレオパトラも愛用していたという伝説が残っているほどです!

死海の塩に含まれるミネラルには、たんぱく質を溶かしだす溶塩効果があることから、不要な角質を取り除きツルツルのお肌へと導くピーリング剤と同じ働きがあります。

2.冷え性改善・保湿効果

死海の塩に含まれる豊富なミネラル分は、血行を促進し冷え性を改善する作用があるほか、高い保湿効果があるとされています。

3.デトックス作用

塩分濃度に差があると、ボクたちの身体の水分は、塩分濃度の低い方から高い方へ移動し、差を縮めようとする働きを持ちます。

そのため、死海の塩などのミネラル分の高い塩を肌に塗り込んだり、バスソルトとして湯船にいれると上記の特性が働き体の中にある水分が外側へと放出されることから、体内に溜め込んでいた老廃物をデトックスすることができるんです。

【入浴剤・スクラブにも】死海の塩の正しい使い方について

入浴剤として使用する際は38~39度のお湯で、10~15分を目安にじっくりつかるのがおすすめです。10分間という時間は一般的な入浴剤と比べると短いように思えますが、ミネラル濃度が高い分短時間で汗を大量にかくことから、あまり長時間入ってしまうと体力を過度に消耗し脱水症状を起こす可能性もあります。

お風呂から上がったらかならず水分補給を行うよう心がけましょう。(毎日ではなく週3日程の使用が理想的です)

そのほか、死海の塩は、オイルなどを加えて、スクラブアイテムとして活用する方法もあります。

癒し効果の高いオリジナルバスケアグッズもたくさん流通されています。

塩の美容効果って?

少し前には「塩対応」という言葉が、流行語大賞にノミネートされるなど、「塩」が世間でなにかと注目を集めましたが、実は美容成分としても高い実力を持っているんです。

「バスソルト」や「ソルトスクラブ」などで使われる塩の、美容効果についてご紹介します。

①血行を促進してくれる

塩には、体を温めて血行を良くしてくれる効果があります。

バスソルトを入れたお湯と何も入れていないお湯に浸かった場合を比較すると、20分程入浴すると皮膚表面の温度は1~2℃上昇の違いがあることがわかっています。

熱を出した時などを思いうかべてみると、人の体の表面温度は1℃上がるだけでかなり温かさを感じられますよね。

身体が温まると血行が促進されるので、抜け毛予防やダイエット効果、美肌効果が期待できます。

②古い角質を除去してくれる

この時期特に気になる、ガチガチに硬くなった古い角質。
塩は角質を軟化させて余分な角質を取り除いてくれる効果もあります。
バスソルトを入れたお風呂に浸かれば全身ツルツルに、ひじやひざなど、特に角質が気になる部分はソルトスクラブで優しくマッサージするとしっとりつるんとした肌になれますよ。

ただし塩は刺激の強い成分でもあるので、マッサージをするときに、直接塩をすり込んだり、強い力でごしごし擦るのはやめたほうがよさそうです。

そんなこんなで、今日は、美容に関する記事を書きました。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/