LINE@へのご登録はこちらから♪

雨が降ることは浄化を意味……では何を綺麗にするのでしょうか?①

今日の滋賀県彦根市は、朝から雨模様。

雨が降ることは、浄化を意味します。

 

浄化とは何を綺麗にするのでしょうか?

 

それは、気です。

 

この世にある全ての物には気があります。

この気が汚れると、この世の気のバランスが崩れ、この世が成り立たなくなります。

 

この世の気のバランスを保つために、雨を降らせて気を浄化するのです。

雨が降ることで、あらゆるものが浄化され、この世のバランスが整うのです。

 

ところで、雨が降ると体調を崩される方が多いと聞きます。

何を隠そう、ボクも、その一人です。

 

一般的に、雨の日に体調を崩してしまうのは、低気圧と湿気が原因とされています。

 

急激な気圧の低下は、人によって自律神経を乱すとされています。

 

また、湿気は関節や筋肉に痛みをもたらす場合があります。

 

アトピー性皮膚炎や喘息をお持ちの方は、低気圧が近づくと体調を崩されることが多いと聞きます。

こんなこともあって、雨には良くないイメージを持たれているのかもしれません。

 

ですが、スピリチュアル的に雨を見てみると、違った一面が見えてきます。

 

それは、気の浄化です。

 

気とはこの世の生命エネルギーの源で、宇宙を構成する最小物質だとされています。

 

また、西洋では気のことをオーラと呼び、インドではプラーナと呼ばれています。

 

 

ちょいと、長くなりましたので、続きます。

 

<続きの記事>

雨が降ることは浄化を意味……では何を綺麗にするのでしょうか?②

http://koichan888.net/post-3059

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/