LINE@へのご登録はこちらから♪

【人生の作り方 その1】自分で切り開く人生!ブレない自分を形成する

テレビや雑誌、本などでよく見かける、好きなことをして、自由に生きて人生を楽しんでいる人。

そんな人たちを見ると、「自分の好きなことでお金を稼げて、時間も自由で、ストレスも少なそうでいいよな~」って思ってしまいませんか?

 

そして、「今の自分では、あんなステキな生活なんてムリだよな~」なんて思っていませんか?しかし、あなたは本当は、自由ではないのでしょうか?

 

人は、常に迷うものです。

 
迷いは、自分がしっかりしていないから生まれます。そして、選ぶ選択肢がたくさんあり過ぎることからも、迷いは生まれます。

 

でも、選ぶ選択肢がたくさんあるということは、実は、あなたは自由なのです。あなたが、自由に生きることに迷っているだけです。そこで今回は、自分らしく自由に生きていきたい。そう願うあなたのために、ブレない自分と、自分らしい人生の作り方のお話しです。

 

なぜ、ボクたちは、ブレるのでしょうか?

それは、そもそも「自分」というものが確立されていないからです。

ボクたちは、自分が本当にしたいことは何か、何が好きで何が嫌いか、何をしているときが楽しくて、何をどうしていきたいのか、色んな物事に対して、自分の意見をきちんと持っていると言い切れますか?

 

戦後の日本では、自分を犠牲にした生き方が美徳とされ、自分を犠牲にする生き方を強要されていました。

 

自分よりも会社のため、家族のため、人のために、時と労力を費やすのが当たり前でした。

 

当時は、高度経済成長期。

 

働けば働くほど、お給料として自分に返ってくる時代でもありました。

自分の感情や気持ち、どうしたいかはあとまわしにしても、とにかく働けばお金がどんどん入ってくるので、自分を犠牲にしても苦にはなりにくかったのです。

 

そして、「退職後には、たくさんの退職金と年金がもらえる」とみな信じ切っていたので、働くことに疑問を持つことがありませんでした。

 

自分を犠牲にするのが当たり前の世の中。これが、自分というものの確立を邪魔してしまい、その結果、ブレる人を量産してきたのです。

自分をさらに惑わす「世俗」

「自分」が確立していないゆえに起こる、ブレ。その上さらに、人々をブレさせるもの。それが、「世俗」です。

 

・普通は・・・

・周りが・・・

・一般的には・・・

・年齢的には・・・

 

などなど、この世の中は「世俗」にあふれています。

 

あなたも少し気に留めたなら、いかに自分たちがこの「世俗」に振り回され、人からどう見られるかや世間体を気にして行動しているのかが、わかるでしょう。

 

いい大学を出ていないといい会社に入れない、いい生活が送れない、という「世俗」に振り回され、やりたくもない勉強や、苦手なものを克服しようと躍起になって、努力をする。

 
 
でも、たとえ自分を犠牲にして、いい大学やいい会社に入れたとしても、幸せになれないということは、あなたもうすうす気づいているはずです。

なぜ、幸せではないのでしょうか?

 

1.ひとつは、昔のように、自分を犠牲にして会社のために働いたところで、返ってくるもの、つまりはお給料が少ない、またはお給料が上がっていかないこと。

2.もうひとつは、自分の心を犠牲にしすぎて、自分自身が疲れてしまっているからです。

 

いかに、「世俗」というものが、本来の私たちをブレさせてしまっているかがわかりますね。

ブレるのは選択肢が多いから

あなたがブレてしまう原因は、自分を犠牲にするのが当たり前であるゆえ、自分の確立ができないからです。

 

そして、もうひとつ、選べる選択肢が多いからです。

 

選べる選択肢が多いということは、決して悪いことではありません。

 

それだけ、自由に自分の意思で選択する余地があるということです。

 

経済的に貧しかった戦後と違い、今の日本は経済的にも豊かな国であり、モノにあふれています。

 

それぞれに、職業や食べ物、着るもの、住むところなど、選べる状況にあります。

 

選択肢が広がっているということは、本当はいいことなのです。選べるからこそ、自分がないからこそ、世俗に惑わされてブレているのです。

 

今回は、人はなぜブレるのか、なぜ自分の心を大切にしなくなったのかについてお伝えしました。昔と違って、今の日本は豊かで安全な国になりました。

 

それは、先代の人たちが、自分を犠牲にして作り上げてくれた世の中であるから。

 

そして、豊かで安全な国であるからこそ、選択肢が多くなり、人々は迷うようになりました。

 

しかし、本来の自分を犠牲にして、自分にムリを強いる生き方は、人を疲弊させてしまいます。

 

その結果、うつなどの精神疾患を患ってしまう人が増えたのです。

 

だからこそ、ボクたちは、心の声を大切にし、自分を大切にし、自分を持って生きていくこと、ブレない自分を作ることが必要なのです。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today? And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

 

もし、今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは、本当に自分のやりたいことだろうか?その答えが“No”である日がいつまでも続くと、何かを変える必要があることがわかるのです。

 

スティーブ・ジョブズ

まとめ

【人生の作り方 その1】自分で切り開く人生!

なぜ人はブレるのか?

1.自分を犠牲にするのが当たり前の世の中だから

2.世俗に振り回されるから

3.選択肢が多いから

 

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/