LINE@へのご登録はこちらから♪

2018年今年の干支の「戌」とはどんな意味があるのか、調べてみた

干支と言えば、みなさんがご存知のように「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」から構成されていますが、2018年の干支と言えば「戌」です。

 

毎年お正月になると、干支の絵や写真と共に、新年のあいさつを年賀状として贈ると思いますが、さらにその生まれ年によって、運勢や性格などの特徴が様々あるとも言われています。

 

その中でも、2018年は「戌年」でもありますので、戌年生まれの方の運勢や性格、特徴などをご紹介したいと思います。

戌年ってどんな年?って考えてみました

戌年と言えば、十二支を振り分けられたときに、11番目に来る干支ですが、干支以外にも十干(じっかん)と呼ばれる、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」というものがその年につけられます。

 

この十干に対して、掘り下げるとかなり難しい話になるのですが、十干とは簡単にご紹介すると中国から日本に伝えられた「10」からなる集合体とされています。

 

この十干は、干支の前に書いて表すことが多いことから干支(かんし)とも言われています。

 

この十干などは、中国から伝えられているという事から、陰陽五行の考えを伝えられており、森羅万象のあらゆる出来事は陰と陽に分けられ、さらに万物は「火、水、木、金、土」の元素からきているという考えです。

 

この十干や干支、陰陽五行の巡りあわせでもその年の特徴は大きく違うと言われています。

 

さらに分かりやすくご紹介すると、2018年の「戌年」は十干や陰陽五行を加えると、戊戌(つちのえいぬ)の陽の土となります。

 

この戊戌の陽の土は何を表すかというと、陽の土は物事が良い方向に向けば非常にいい方向に転び、悪い方に転がれば、悪い方に転じやすいことを表します。

 

戊戌は、次の戌年の意味の部分でもご紹介しますが、戌年の特徴からも合わせて、一度草木などが燃えて灰になってしまっている様子でも、大きく成長できることが期待できる、「成長を促してくれる年」とされています。

 

しかし、先ほどもご紹介しましたが、陽の土が含まれているため、成長のチャンスにこけてしまうと、悪い方に転じやすいため、「慎重に対応する必要がある年」とも言えます。

戌年の意味

戌年は十二支の戌で有名ですが、元々は西暦を12で割った際に、2で余る年と言われています。しかし、これが分かりにくいので、後に十二支をつけてわかりやすくしたとされています。

 

そのような戌年ですが、「戌」には「滅(ほろぶ)」といった意味を持ちます。

 

さらに、戌の字、「戈(ほこ)」には作物を収穫した後で、収穫物を締めくくることを表しています。ちなみに戌年の前の「酉年」は収穫出来る状態を表していると言われています。

 

この事からもわかるように、戌年には草木などは一度滅びてしまう様子を表すのです。

 

しかし、先ほどのご紹介した「戌年」でも「戊」が付きます。

 

この「戊」は草木などが絶頂期へと迎えることを指しているため、「戊戌年」は先ほどご紹介したように、一度滅びた後でも草木などが生えて絶頂へと向かい成長して行く年を意味していると言われています。

戌年生まれの年齢

次は戌年生まれの年齢をご紹介したいと思います。

 

戌年生まれの人は次の通りの年齢になりますのでご参考ください。

 

平成30年生まれ 0歳

平成18年生まれ 12歳

平成06年生まれ 24歳

昭和57年生まれ 36歳

昭和45年生まれ 48歳

昭和33年生まれ 60歳

昭和21年生まれ 72歳

昭和09年生まれ 84歳

大正11年生まれ 96歳

 

このようになっています。

 

昭和33年の生まれの方は還暦の年でもありますので、ぜひお祝いをしてあげて頂けたらと思います。

戌年生まれの運勢

最初に、十二支の干支の生まれ年によって運勢や性格が異なるとご紹介しましたが、次は実際に運勢や性格、特徴などをご紹介したいと思います。

 

戌年生まれの2018年の運勢は、次のようになっていると出ています。

【恋愛面】

女性では、恋愛面はそこそことされています。

 

出会いがある場面では、慎重に行動することで、ある程度の印象を与えやすく、落ち着いた行動が相手に好かれやすい年となっています。

 

男性においても、恋愛面ではなかなかいい方向になりやすいとされています。

 

しかし、心が敏感になっている年ともされ、ちょっとしたことでも傷ついてしまうことや、怒ってしまうことがあるため、冷静になれるように努力する必要がある年ともされています。

【金運】

女性において、金運はいい方向を示していません。

好き放題してしまうと、散財してしまうことが多く、節約していてもご褒美と言って何かに手を出してしまうとそこから綻びが生じてしまいやすい年ともされています。

 

そのため、金運はあまりよくないとされていますので、金運に対しても我慢を強いられる年でもあります。

 

男性においても同様で、金運はあまり良い状態ではありません。

 

金銭面において、ミスをしてしまいやすい年でもあるため、要注意する必要があるのですが、仕事にとことん向き合うことによって金運は上昇傾向に傾くとされています。

 

そのため、男性は仕事に熱心になることによって「吉」に転じやすい年と言えます。

【仕事運】

仕事運に対しては女性、男性ともに好調の兆しがあります。

 

元々戌年は忠義を尽くすような、上司の命令に素直に聞くような性格をしている人が多いとされていますが、チームリーダーにも抜擢される可能性がある年です。

 

チームリーダーに任命された際には素直に受け、努力を惜しまなければ、戌年生まれの長所が開花して、良い兆しを表すとされています。

 

努力を怠らない事が今後の人生に良い影響を与える年でもあります。

【健康運】

女性は、健康運はあまりよくありません。

 

肩こりや冷え症に悩まされてしまいやすい年で、日ごろから体を冷やしすぎないように、暖かい格好をすることが好ましいとされています。

 

男性の場合も同様で、健康運はあまりよくありません。

 

戌年生まれの男性は元々ストレスを抱え込んでしまいやすい人が多いですが、そのストレスの影響もあり、体を崩してしまう可能性があります。

 

そのため、適度な運動することやストレス発散を行うことによって多少の健康を維持できるので、運動をするように心がけましょう。

 

これは、ボクなりに勉強して、まとめてみた感じです。

 

あまり、あてにならない感じかもしれませんが・・・。

戌年生まれの性格

次は、戌年生まれの性格についてご紹介します。

 

干支の生まれ年によって性格には大きな特徴があると言われていますが、戌年は動物の犬を見てもわかるように、主や上の者には忠実で、社会性があるため人に好かれやすい性格である人が多いとされています。

 

さらに、芸磨きが得意な多く、芸を磨くためならば努力を惜しまない人が多いです。

 

しかし、先ほども挙げたように努力を惜しまない人が多い一方、壁にぶつかると悩んでしまいやすい人が多く、ストレスを以上に抱え込んでしまうことがあります。

 

そのため、ストレスを抱えすぎないように人を頼ることを覚える必要があるともされています。

 

この事を踏まえて一言で表すと、戌年生まれの性格は「社会性がある努力家」であると言えます。

戌年生まれの特徴

戌年生まれの他の特徴と言えば、悪い人が近づいてきやすいというところです。

 

戌年の人は忠実である事から上司に好かれやすく、仕事などは成功に導きやすいとされていますが、その周りにはそれを妬む人や羨む人が当然います。そのため、戌年の人をうまく利用しよう悪だくみを考える人もいるので、注意が必要です。

 

さらに、戌年の人は上司に良くされたことから後輩にも優しくしてしまう傾向があり、お金を必要以上に使ってしまう特徴もあります。

 

このような状態が続くと散財になりやすいので、ある程度の距離を周りと保つことが必要でもあります。

戌年相性のいい干支

戌年と相性のいい干支は「子、寅、卯、午、戌」です。

 

この5つの干支の人とは相性が合いやすく、長い付き合いを求めても良縁に結び付きやすいとされています。

 

喧嘩が起こってもお互いが折れることによって和解をしあいやすく、お互いを高めあう関係になりやすいとされています。

戌年生まれの有名人・芸能人

戌年生まれの有名人、芸能人はたくさんいます。

 

代表とされるのが、女優で言えば、深田恭子さんや二階堂ふみさん、真木よう子さんなど、アスリートでも吉田沙保里さんといった有名人がいます。

 

俳優人でも綾野剛さんや山崎賢人さん、向井理さんなど今を時めく俳優さんが多いです。

 

そのほかにもジャスティンビーバーさんや西川貴教さんなど豪華アーティストもいます。

 

どの人をとっても努力家で有名な人たちばかりなので、ぜひ戌年の皆さんも才能を開花させていただけたらと思います。

 

 

戌年についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

戌年は、みんなから好かれやすい分、人にも騙されてしまいやすい人もいますが、頑張れば才能しやすい人ばかり。

 

本当に明るい一年になりそうです。

 

 

それでは、今年も何卒、よろしくお願いします♪

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/