LINE@へのご登録はこちらから♪

2018年最大の満月が新年早々訪れるんです!

年明け早々の1月2日

この日に、2018年で最も大きな満月を日本の空で見ることができる。
 
 

国立天文台によると、1月2日の月は午前11時24分に地球との距離が約35万7千キロメートルに近づき、2018年で最も大きな満月となるそうです。

 

2018年最大の満月は、最も小さな満月となる7月28日に比べて見た目の直径が14%大きく、30%も明るく見えるというんですよねーー!!

 

満月を迎えるのが午前中のため、観測する時間帯は1月2日の日の出前の早朝が最適だとかで。

 

月が沈む午前6時から7時前西の空に目を向けると、最大の満月を目にすることができるみたいですから、ヤバいですよねーー!

 

 

また、月の入りからしばらく待つと、月とは反対の方角から昇る日の出も楽しむことができるんで、なんか楽しみが何倍にもなりそうです。

 

いくら大きな月だとしても、月が真上まで上がってしまうと小さくなってしまいます。

 

一番月が地球に近づく時間帯に月が真上にあれば思ったより大きな月は見えませんし、そもそも夜でなければきれいな月は見えません。

 

そのためスーパームーンが見える最高の時間は、月が一番地球に接近する時間よりも月が昇る時間帯となります。

 

夕方の日が落ちてから月が昇ってくる瞬間が最もスーパームーンの大きさと美しさを実感することができますよ。

 

1月2日の東京の日没は16:38頃なので16:30頃からは月が見やすい場所で観察するといいタイミングみたいです。

 

スーパームーンが見られる方角は、月が昇る東から少し北寄りです。

 

 

2018年1月2日は北寄りの東の空を見ながら日没をのんびり待つのも面白いかもしれません。

 

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/