LINE@へのご登録はこちらから♪

価値の無い世界最高の商品

価値の無い世界最高の商品

先日とある人のFacebookの記事を読んでいたら、こんなことが書かれていました。

 

ビジネスに必要な3つのスキルがあります。

 

・集客

・販売

・商品

 

この3つが揃ってビジネスの成功につながります

 

まぁ、あながち間違いではないと思いますよ?

 

 

集客できて、商品良くて、販売力あれば、そこそこビジネスはうまくいきます。

 

 

人が多いところで、旨いラーメン作って、「これが俺のラーメンだぜ!」って自信を持って言えるなら、そこそこ流行るでしょう。

 

 

でも、ボクは、ここに疑問を覚えるんですよね。

 

 

「なんかズレてないかい……?」

 

 

・・・と感じるワケです。

 

 

‘‘「集客」‘‘はわかる。

 

 

確かに集客は必要だし、そこでつまずく人も多い。

 

 

‘‘「スキル」‘‘と言われても、まぁわかる。

 

ちょっと違和感がありますけど、まぁ、まぁ。

 

 

‘‘「販売」‘‘はその通りだなって思う。

 

セールス力は、確かに必要です。

 

 

でも、そこに‘‘商品‘‘っておかしくないかい?

 

 

その人が言うには、

 

「最高の商品を作る能力が必要なんです!!」

 

 

確かに‘‘「商品」‘‘を作る能力はあるべきだけど、コンテンツだけあれば、‘「‘商品」‘‘にするのは、誰でもできるわけです。

 

そこじゃないんじゃないかな?

 

なんて思ってしまうワケです。 

 

 

仮に、、、、

 

 

ここに誰が見ても【世界最高の商品】があったとしましょう。

 

 

誰が見ても世界一。って納得できるレベルまで、突出した商品。

 

 

まぁ、そんなもん、この世には無いのだけれど。

 

 

でも、【世界最高のソレ】は誰にも告知してないから、自分しか持っていない。

 

 

果たして、そんな【世界最高のソレ】に‘‘価値‘‘はあるのでしょうか?

 

 

ボクは、無いと思うんですよ。

 

 

だって世界最高のソレを‘‘「世界最高」‘‘と決めるのは、あなたじゃなくて、他人なんだからね。

 

 

世界最高じゃくて、上から8番目位の品質なんだけど、沢山の人が認知していて、世界中で毎月10,000個売れる物。

 

 

こっちの方が、よっぽど‘‘「価値」‘‘があるんです。

 

 

冒頭の話に戻しましょう。

 

【ビジネスに成功するためにスキルで必要なのは、集客・商品・販売】だと。

 

 

うーん、どうにも自分勝手に見えますよね。

 

 

エゴです。エゴ。

 

 

「ボクは、最高の商品を作るスキルがあるから、絶対ビジネスで成功すんだぜー!!」

 

・・・って言ってるのと同じ。

 

 

そんな都合の良い話あるわけねーだろ。と。

 

冷静になれよ、冷静に。

 

 

・・・ってことじゃないでしょうか?

 

 

「商品を作るスキル」なんて、大して必要じゃないですよ。

 

 

ラーメン屋を始めたとして、「あなたが最も欲しいものを一つだけあげる」って言ったら、何をもらうのさ?ってお話です。

また、鬼金棒に行きたくなってきた

 

さっきの発信者は、

 

・最高のスープ

・最高の麵

・最高の調理設備

 

 

そんな風に答えるかもしれない。

 

 

でも、本当に必要なのは、「お腹を空かせた群衆」だってことです。

 

 

お客さんの目線に立たないと、自分の商品は売れない。

 

 

「自分が作る物」なんてどーでもよくて、「お客さんが求める物」を作るべきですよね。

 

 

 

だから、商品を作るスキルなんて、最小限でいい。

 

 

「お腹をすかせた群衆」をどれだけ見つけられるかが、ビジネス成功の秘密なんじゃなですかね?

 

 

自分のラーメンの価値は、自分が決めるんじゃなくて、他人が決める。

 

 

そして、

 

「ソレを求める人の数」

 

 

それこそが、価値を決定づける。

 

 

情報発信も「何を言うか?」よりも、「誰が言うか?」の方が大切だったりしますよね。

 

 

マーケティングに関する同じことを、ボクが言うのと、神田昌典先生が言うのでは、その言葉の重みは、まるで違うわけです。

 

 

人に求められるような存在。

 

ボクの発信を読むことで、もっとたくさんの人が喜んでくれたり、勉強になった!と言ってくれたり…

 

 

そんな存在になりたいものです♪(*´・ω・)

追記

情報発信者の中にも、いろんなタイプの人がいますからね。

 

ボクは、こう思うんですけど、あんたはどう思いますか?

 

それだけ「価値」を生み出すのは難しいのに、「目の前で書いた一言」に15万円もの価値が付いた話です。

 

<参考過去記事>

たった「一言」だけ書かれた紙切れに15万円の価格が付いた理由

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/