LINE@へのご登録はこちらから♪

AirDrop(エアドロップ)で仮想通貨を「無料入手」しよう!

AirDropとは

本日は、再び流行の兆しがみられるAirDrop(エアドロップ)についての記事(事前準備/情報収集方法/注意事項etc…)となります。

 

AirDrop(エアドロップ)とは、要は「無料(タダ)で暗号通貨やトークンが貰えること」です。

 

ただ、ウォレットに特定の暗号通貨を入れておくだけで、OKというパターンもあります。

 

が、今回記事にするのは、アカウント登録やフォーム入力、SNS連携などによって、暗号通貨やトークンを無料で入手することができるパターンのやつです。

 

たとえば、こういうのです。

 

「でもどうせ、数円とかにしかならないんでしょ……」とお思いのアナタ。

ボクも、始めはそう思っていました。

 

しかし、例えば、最近実施されたRebellious(REBL)のAirDropでは、誰でも最大4,000REBが獲得できました。

 

REBLのリリース後、4,000REBLを直近の最高値で売れていたとしたら、

 

4,000×0.39($)=$1,560≒およそ17万6千円です(!!)

 

最高値で売れなかったとしても、10万円以上は軽くいく価格がついています。

これが、無から湧いて出るんだから、恐ろしい世界です。

 

もちろん、これは良い例で、実際に数円にしかならないどころか、どこにも上場せずに全くの無駄になってしまう場合すらあります

 

「高値がついたらラッキー」くらいの気持ちで臨むと良いでしょう。

AirDropの事前準備

いざ!AirDropに臨む前に……。AirDropには色々と”条件“があることが多いです。

 

たとえば

 

・メールアドレスとイーサリアムアドレスを入力でOK

・メールアドレスとパスワードを設定しアカウントを作り、テレグラムと連携でトークンGET

 

・・・などなど。

 

すべてのAirDropで必要なわけではありませんが、予め下記のアカウントやアドレスを持っておくといちいち新しく作らなくて済むので作業が捗ります。

 

エアドロッパー(今適当に考えた造語)を目指すならば、できれば全部事前に準備しておきましょう。

 

優先順位の高いものから列挙していきます。

・メールアドレス

普段使いとは別なものを用意しましょう。GmailでもProtonMailでも何でも良いです。

・Ethereumアドレス

すべてのAirDropに必要なわけではありませんが、現状、AirDropの多くがイーサリアムトークンです。

 

取引所のアドレスではNGなことがほとんどですので、MyEtherWallet、MetaMask、Eidooなど、秘密鍵の管理できるEthereumウォレットを準備しておきましょう。

・Twitter

ただハッシュタグを呟いたりRTするだけなら普段使いのものでも良いかもしれません。

 

API連携が必要なもので権限の判断ができない場合は普段使いとは別のものがあると良いでしょう。

・Telegram

Telegram – a new era of messaging

・Discord

Discord - Free Voice and Text Chat
Step up your game with a modern voice & text chat app. Crystal clear voice, multiple server and channel support, mobile apps, and more.

・Slack

よりシームレスなチームワークを実現する、ビジネスコラボレーションハブ
Slack とはよりシームレスなチームワークを実現する、ビジネスコラボレーションハブです。業務に必要なメンバー、共有する情報、愛用のツールのすべてがひとつとなり、効率よく業務を遂行するための場です。

AirDrop情報の収集

AirDropに参加する際は、

数撃ちゃ当たる戦法を取る人は多いです。

 

その”数”を確保するための情報源は必要不可欠でしょう。

 

ということで、AirDrop情報についての情報源を有名所から少しだけご紹介します。

・AirDropAlert

<公式サイト>

エアドロップ情報をまとめているサイトです。

 

・@Airdropalertcom

上記サイトのTwitterアカウントです。更新情報を入手するならこっちのほうが良いかもしれません。

・@CryptoAirdrops

 

また別のTwitterアカウントです。

上記とは別の情報を流してくれることもあります。

 

専用Telegramグループもあるようです。

 

AirDropは期間や人数が限定されている場合が多いので、「サイトに行ったら終わってた」ということも多々あると思います。いかにいち早く食いつくかの勝負です。

 

上記のほか、カレンダーサイトなどの[AIRDROP]というタグで絞って探す、bitcoinTalkで探す、AirDrop情報を流してくれる方をTwitterでフォローするなど、色々方法はあると思います。

 

ぜひともご自身なりの情報源を見つけてみて下さいね。

 

AirDrop参加における注意事項

まず第一に、「タダでお金が貰える~やった~」という気持ちだけでAirDropに参加しまくるのは少々危険だということを覚えておいて下さい。

 

なぜ、無料で配布するのかを考えたら、その目的のほとんどがマーケティングでしょう。ボランティアで配っているわけではないはずです。

 

ですから、Airdropに参加したメールアドレスに、広告メールが送られてくるくらいなら序の口で、大量に残高のあるETHアドレスなどはハッキングの候補にもなるかもしれません。

 

たとえば仮に、数百ETHもの残高があるAさんが、すべて自分が普段使いしている情報でとあるAirDropに参加したとしましょう。

 

そのAirDropはアカウントを作成し、各種SNSと連携することでトークンが貰えるタイプのイベントでした。

 

さて、AirDropの運営側は、「Aさんの公開ETHアドレス」「Aさんのメールアドレス」「AさんのSNSアカウント」などの情報をすべて入手しているわけです。

 

この運営が悪い人たちだったら、たとえば、、、

「AirDropページのアカウント作成時、Aさんが使用したパスワードが他のサービスの使い回しでないか試す」

「Aさんのメールアドレスに”ETHアドレスがロックされたから解除するために秘密鍵を送ってくれ”と偽メールを送る」

「追加のエアドロップ情報を開催するからMyEtherWalletから参加してくれよな!と偽のMyEtherWalletのページリンクが貼られたメールを送る」

 

・・・等々、資産を盗み出すために、あの手、この手が考えられます。

 

これが、「AirDrop用にアカウントは分けましょう」と、先述した理由です。

 

特に、アカウント作成時に入力するパスワードについては、取引所などと共通のものを絶対に使い回さないようご注意下さい。

 

また、MyEtherAdless等の「秘密鍵(Private Key)」やパスワードを入力するよう求められても、絶対に入れないで下さい。

 

トークンを送る際、公開アドレス以外の情報は必要ありません。

 

それから、登録だけでは貰えず、条件が色々とある場合もあります。

 

たとえば、「公式アカウントのツイートをコメントを添えて引用リツイートし、そのツイートのURLを専用フォームに入力して送信」など、結構面倒なものも多いです、

 

更に言えば、条件を達成したはずなのに貰えないパターンも多々あります。

 

この場合、正直運営実態も不明なプロジェクトのクレームに時間を割くよりは、切り替えて次のAirDropを探したほうが良いんじゃないかと思います。

 

そういう意味でも「知られたところで痛くない」アカウントやアドレスを準備しておくことが大事でしょう。

AirDropについて まとめ

・・・というわけで、今回は、AirDropについてでした。

 

実際に、金銭的には、無料で貰える場合が多い、美味しい話ですが、特に注意事項の部分にはくれぐれもお気をつけて下さいね。

 

今回はこの辺で・・・。

はじめての仮想通貨(暗号通貨)取引にオススメな取引所

取引所により取扱銘柄が違うこと、サーバーダウンや規約・仕様変更といったことへのリスク分散のため、取引所の口座は予め複数箇所で開設することをおすすめしています(開設は無料です)。

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコイン取引量日本一(2016年)。

厳重なセキュリティに加え取引所自体が保険に加入しているため万一の際にも安心の「bitFlyer」。

SMBC、三菱UFJ、みずほ、SBI、三井住友などが株主でバックボーンもしっかり。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/