LINE@へのご登録はこちらから♪

スナフキンの名言「誰かを崇拝しすぎると、本当の自由は得られない」

ボクの人生において、大きな影響を与えた人物のひとりが、スナフキンです。

 

スナフキンとは…? 

 

誰?

 

フィンランド人作家トーベ・ヤンソンの作品「ムーミン」シリーズに登場する自由と孤独を愛する、ちょっとファンキーなおっさんです。

 

ボクの記憶が、確かであれば、幼少期に観ていたアニメ「ムーミン(岸田今日子版)」では、主人公ムーミンの「人生の良きアドバイザー」という感じのポジションで登場していました。

 

 

ボクは、子供心に「スナフキン、超カッケーなぁ!!」って思って観ていました。

(正直、内容はほとんど覚えていませんが・・・)

 

スナフキンは、ムーミン谷のはずれで、ひとりでテント生活をしています。

 

ひとりぼっちでも、ちっとも寂しがっていないw

 

むしろ、孤独を愛している。

 

いつも冷静沈着で、鋭い洞察力がある。

 

悩みを抱えたムーミンが相談しにきた時には、的確なアドバイスをしてあげる。

 

なんか、今でいう、カウンセラーさんみたいな存在なのかな。

 

 

・・・・・・

 

まぁ、記憶もあいまいなんですが、勝手なイメージとしてはこんな感じ。

 

ムーミンにとっては「人生のパイセン(先輩)」という感じだったんじゃないでしょうか?

 

そして、ボクにとっても同様にですね。

大人になってから、人生に迷っていた時に「ムーミン・シリーズ」を全部、読んでみた。

記憶が確かならば、ボクは、人生に迷っていたある日、本屋さんにあったムーミン・シリーズを全巻、読み漁った時期がありました。(そう、エストニアに旅をする前ですね、あれは。)

 

トーベ・ヤンソンの原作版の日本語訳を全部、読んだ・・・はずです。

 

意外だったのは、私の中で勝手に美化されていたカリスマ、スナフキンが、意外と、ダメなところや、しょーーーもない部分もあったということ。

 

スナフキンは、神でもなんでもなくて。

いたって、自然体。

 

ムーミン・シリーズを読みながら、ボクは、ちょっと拍子抜けしたり、ちょっとホッとしたり。いろいろな感情が湧き出てきました。

 

原作では、こんな感じなんだなぁと、少しおどろいたのも覚えています。

スナフキンの名言は数々あれど、私の一押しはコレ。「ムーミン谷の仲間たち」から。

この本。

 

「ムーミン谷の仲間たち」の中の一節に、スナフキンと、彼をカリスマと崇めるちっぽけな存在「はい虫」とのやりとりがあります。

 

もう一度、読むのが面倒なので、ボクが感じた曖昧な記憶を頼りに、ちょっと内容を書きだしてみます。

 

違ってる可能性も、かなりあります。(・・・っていうか、多分、違ってます) 

 

ちっぽけで、無力で、自分に自信がない「はい虫」。

 

はい虫は、伝説の男、スナフキンに憧れていました。

 

(原作でも、やはりスナフキンは、カリスマなんですね。) 

 

そんな「はい虫」が、 ある時・・・

本物の生スナフキンと偶然、出くわします。

 

 

はい虫、超~ハイテンション。

 

うわーーー!マジっすか!

スナフキンさん!

おいら、昔からあなたの大ファンだったんですよーーー!

握手してください!

わーーーー!

ヤベーーーー!

 

スナフキンは、ちょうど独りで鼻歌を作曲?していたので、それを邪魔されて、若干イラッと来ています。

 

はい虫

「超ーーーリスペクトしてます!」

 

そこで、スナフキンが一言。

あんまり、おまえさんがだれかを崇拝したら、ほんとの自由はえられないんだぜ。

 

はい!!!

いただきました!

いただきました!

 

名言、いただきました!!!

 

その後「はい虫」とスナフキンは、一度別れますが、スナフキンは、ふと「はい虫」の事が気になりはじめます。(←ここの「ふと」が超大事!)

 

そういえば、オレの大ファンだって言ってた信者、どうしてるかな…。

 

ちょっと会いに行ってみるか…。

 

スナフキンは、もう一度「はい虫」に会いに行きます。

 

あいつ、オレのこと超~リスペクトしてるからなぁ。

オレの方から会いに行っちゃったら、あいつは、嬉しさのあまり鼻血でも出すんじゃね?

 

そして、二人は対面します。

 

スナフキン

「どうも~!カリスマのオレが来ましたよ!っと♪」

 

はい虫

「あ~どうも。今ちょっと忙しいんで。あとにしてもらえます?」

 

スナフキン

「・・・(-_-) 」

(ス―――――ンって感じ)

 

 

 そうです。

 

「はい虫」は、スナフキンの助言「誰かを崇拝しすぎるな」をさっそく実践し、自我を確立し、ぶれない自分自身を手に入れていたのです…!!

 

※実際の内容は、かなり違う可能性があります。

これは、ボクの特殊な脳内フィルターを通過したあとの物語です。

スナフキンをリスペクトしすぎている「はい虫」のままで生きていくのはキツイ。

すっかり、スナフキンの狂信的なファンではなくなった「はい虫」さん。

 

自己を確立し、スナフキンと対等に会話していますね。

 

スナフキンを上、自分を下に見る事をやめています。

 

ボクたちも、本来であれば、必要以上に誰かを崇め奉ることなく生きていけるはず。

 

スナフキンが言うように、

 

「誰かを崇拝しすぎると本当の自由は得られない」

 

・・・んですよね。

 

誰かを「スゴイ!」って思っている時には、同時に、誰かを「自分よりもすごい」って思ってるはずなんです。

 

意識的にしろ無意識的にしろ、自分自身と比べている。

 

ある意味、自分と他者を比較して、一喜一憂することに繋がっているわけです。

 

勝ったとか、負けたとか。

 

そうやって、自分自身の価値を測ったり、ポジションを見極めたり。

 

このやり方だと、いろいろと面倒なんですよね。

 

自分よりも上だと思える人に対して嫉妬したり。

 

下だと思える人に対して傲慢な態度をとってしまったり。

 

「凄い人」と比較することで、自分を無力な存在だと感じて落ち込んだり。

 

すげぇ、気持ち悪い感じになっちゃいます。

 

嫉妬。

絶望。

自己嫌悪…。

 

上手に使いこなせば、何かを頑張る原動力になる場合もありますが、使いこなすのは非常に難しいです。

自由になりたければ、自分と他人を比較して一喜一憂するのは辞めろ

ボクは、スナフキンと同様に「自由であること」に対して、異常なほどの価値を見出していますから(笑)

 

自由でありたいがために、いろんなものを捨ててきました。(っていうか、柔軟性があまり無いので、そういう生き方しかできないww)

 

ボクの個人的な話だと、自分と他人を比較して、嫉妬や絶望感に苛まれた一番のビッグ・イベントは、20年くらい前だったと思います。

 

これ乗り越えた後、人生がめちゃめちゃ生きやすくなりましたね。

 

まぁ、乗り越えるまで、かなり苦しんだけど。

 

全然、簡単じゃなかった。

 

当時、まだボクは、独立したばかりで。

 

今とは違って、その時のボクには、野心がありました。

 

売れたいとか、認められたいとか。

 

20年くらい前に、どうしようもない絶望感を味わいました。

 

 

何日考え込んだか、よく覚えていない。

 

多分、いろいろな嫉妬心もあったんだろうけど、それよりも敗北感の方が大きかったんじゃないだろうか。

 

「3回人生があったとしても自分にはこんな世界観は絶対に創れない」

 

・・・という確信があった。

 

絶対に無理。

 

人間そのもののスケール感が圧倒的に違い過ぎて、いろいろとイヤになった。

 

作品どうこうというより「人間の器」って部分なんだろうな。

 

結局これ、自分と誰かを比較しちゃってるんだよね。

 

全然ダメ。

 

本来生き様って、そういうことじゃないんだけどさ。

 

それは頭では分かってるんだけど、心では折り合いがつかないわけ。

 

動揺しちゃってるわけ。

 

自分の核の部分がぐらついちゃってるわけ。

 

何度自分に言い聞かせても、ふとした時に、うっかり自分と誰かを比較しちゃってる。 

 

「オレはオレなんだ」

 

「オレはオレに与えられた役割をまっとうするんだ」 

 

 

・・・ っていう考え方が、本当に自分に染み込むまで、何度も何度も言い聞かせた。

 

ずいぶん時間もかかったね。

 

でも、おかげで今では、全然、揺らがない。

 

すごい人を見て嫉妬することもない。

 

彼は彼に与えられた「すごい人」という役割を演じてる。

 

ボクは、ボクに与えられたポジション、役割をひたむきに演じるだけだ。

 

・・・と、自然に、当たり前のように思えてる。

 

そうするとすごく自由なんだよな~、これがまた。

 

大抵のものは全部

 

「そんなこと、オレの知ったことか。」

 

・・・くらいで済んじゃう。

 

ただ、ひとつ問題なのは、「他人を見て嫉妬する人の気持ち」に鈍感になったと思う。

 

自分だったら、このケースでは嫉妬しないけど、他の人なら嫉妬するんだろうな、みたいなのが、よく分からなくなってきてる。

 

「嫉妬する人たちの気持ちを考慮する」というのが超めんどくせーってなってる。

 

「他人のブログを見てジェラシー感じる」とか、ホント、マジで勘弁してくれよって話だなって思ってしまう。

 

誰が、どれだけPVを稼ごうが、収益を上げようが、読者が何千人いようが、そんなこと、オレの知ったことか。

 

・・・で、済んじゃう話なんだけどな、って思ってしまう。

(もちろん、ボクも表向きは、スゴイですねー!マジリスペクト!って言いますけどね)

 

ようするに、ボクは、自分の物差しで他人を測っちゃってるんだね。

 

 

「自分が嫉妬しないなら、他のみんなも嫉妬しないはず」

 

・・・って、無意識に思っちゃってる。

 

これちょっと、難しいというか、めんどくさいんだよね。

 

気が付いたら、ずいぶん長い話になっちゃってるので、ちょっと途中っぽいけど、もう書くの辞めます。

人は、全員が違う役割を持っている。他人の役割をうらやましがるな。誰かと、自分を比較するなって話

今、苦しんでる人は、何度も自分に言い聞かせるといい。

 

当たり前のように感じるほど、徹底的に染み込ませる。

 

この考え方が、自分自身の血や骨になるまで、何度も何度も言い聞かせる。

 

スナフキンの名言を・・・

「誰かを崇拝しすぎると、本当の自由は得られない」

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/