LINE@へのご登録はこちらから♪

タモリさんの「戦争が無くならない理由」に鳥肌が止まらなかった!

芸人兼絵本作家が書いた本、キングコング西野さんの「魔法のコンパス」を読んだのですが、これがなかなか衝撃でした。

何が一番衝撃だったかというと、西野さんのお話ではなくて(ゴメンなさい)この本に出てくるタモリさんが語っていた「戦争が無くならない理由」なんですが、以下がその内容です。

戦争が無くならない理由はなんだと思う?

それはな、人間の中に『好き』と言う感情があるからだ。そんなものがあるから、好きな物を他人から奪ってしまう。また、好きな物を奪った奴を憎んでしまう。ホラ、自分の恋人をレイプした奴を『殺したい』と思うだろ?

でも、恋人のことを好きじゃなかったら、攻撃に転じることはない。残念だけど、人間の中に『好き』と言う感情がある以上、この連鎖は止められないんだよ。

『LOVE&PEACE』という言葉があるけど、LOVEさえなければ、PEACEなんだよ。その生き方は、かぎりなく動物や植物の世界に近いな。ただ、『好き』がない世界というのも、ツマラナイだろう? 難しい問題だよ、これは。どうしたもんかね?

ずっと感じていた違和感の正体

このタモリさんの戦争論は、ボクの中で、最近ずっと引っかかっていたことや、感じていた違和感をスカッとさせてくれました。

 

キレイゴトばっかり言ってる人や「戦いは良くない」って言っている人や、ビジネスにおいて「競合と争ってはいけない」「同業とは共存するんだ」って言っている人って、確かに良い人そうに見えるし、実際に平和主義なんだろうなとも思うんですね。

 

あるいは、みんな平等で、みんなにチャンスがあると言う人、誰にでも声をかけて、誰にでも優しくする人って、一見、人格者に見えます。

 

が、ボクは、こういう人にずっと強い違和感を感じていました。
 

 

こういう人って、自分の周りから人が離れていくのが怖くて、怒りや悲しみの感情をひた隠している、単なる臆病者なんだろうなと思っていたわけです。

 

いつも同じ場所で同じことを言っている進歩のない人だと。

 

その時に、ふと思ったツイートが・・・。

コイヌマジュンヤ【ブログ更新用アカウント】(@jun19780701)さん | Twitterからの返信付きツイート
コイヌマジュンヤ【ブログ更新用アカウント】 (@jun19780701)さん #コイヌマジュンヤ と呼ばれています。なんでも新しいことを試したがる性格をしてます。ブログの執筆だけではなく、SEOやブランド構築など、インターネット関連全般をやってます。面白いことが全て、面白くなければ価値がないので面白いことをやり続けたい...

もしくは、心の底から本気で愛しているモノや愛しているコトがない、あるいは愛している人がいない、寂しい人なんだろうなと思ってたんです。

なぜならこういう人たちって、発信している言葉に愛が乗ってないんですよ。

もうね、それが気持ち悪くて気持ち悪くて。
 

逆に、好きなモノ、コト、人のために戦っている人は、言葉がきつくても、言葉が汚くてもしっかりと愛が感じられるんですよ。
 

「この違いって何だろう?」

 

って、ずーーーっと考えてました。
 

 

ボクが、好き嫌いが激しくて(それもある)、嫌いな人や納得のいかないことは批判したくなるタイプの人間で、やっぱり普通の人とは精神状態が違うのかなと。

 

そう思ってたんですけど、実はそれは違うということがわかりました。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/