LINE@へのご登録はこちらから♪

劣等感の克服のための6つの方法とはなんだ?ってことについて考えてみた

誰でも、自分に対するコンプレックスはありますよね。

どうも、コイヌマ(@koi_chan88 )です♪ 

背が低いことや太っていること、学歴や容姿など、少なからず誰にでも気にしていることはあるはずです。これは、人間としては当り前ですから、ダメというわけではありません。

 

しかし、コンプレックスが強すぎて、自分に劣等感を持ってしまう人は注意が必要です。

 

劣等感がある人は、周りに対する嫉妬心や自己否定が強くなるので、人間関係が上手くいかなくなる可能性があります。ですから、劣等感を捨てることが大切だといえます。

 

ここでは、劣等感を無くすための方法を紹介します。

劣等感の正体とは?

劣等感の根本にあるものは、自分への自信の無さです。

 

自分に自信を持っていないと、周りの人よりも劣っていると感じてしまうために、何をやっても消極的な行動になってしまいます。

 

でも、これって単なる思い込みなんですね。

 

自分では劣っていると思っていても、客観的に見るとそうでない場合が多いです。

 

だから、自分の中での偏った見方が、劣等感の原因だといえます。

 

そして、劣等感を持ってしまうと、自分にばかり目が行ってしまって、周りのことが見えなくなります。

 

そうすると、相手に共感することができないので、人間関係が作れないことになるんです。

 

こうなってしまう理由はいくつかありますが、幼少期の親の育て方に原因があると言われています。

 

たとえば、子供のころに虐待を受けたり、褒められなかったりということですね。

 

それだと、他人の顔色をいつも伺う子供になりますし、自分に自信を持つことができません。

 

こういった原因があるわけですね。

劣等感を克服する6つの方法

ロジカルに考える

まずは、自分の思い込みを捨てないといけません。

 

自分に自信の無い原因を、「何故なのか?」と何度も問いかけるようにしてください。

 

そうやって考えていくと、全く根拠のない思い込みだと気付くはずです。

 

要するに、劣等感は勝手な思い込みなわけです。

 

一つ一つを論理的に考えていけば、自分の考えが間違っていることに気付くでしょう。

 

たとえば、何か失敗をしたからと言って、人間としての価値が無くなるわけではありません。

 

個人の能力と人間性は別物ですから、一緒に考えないようにしてください。

成功体験を重ねる

自分に自信が無いのなら、何でも良いから成功体験を積み重ねることが大切です。

 

何でもいいから、簡単なことから始めてみましょう。

 

たとえば、「月に3冊以上の本を読む」とか「いつもより10分早起きする」など、できることからやってみてください。

 

そうやって決めた目標を達成することで、自分に自信が付いてくるはずです。

 

目標のリストを作成して、達成したら消していくようにすると効果的ですね。そうすれば、成功体験が視覚化されますから、モチベーションも上がってくるはずです。

 

些細なことから成功を重ねることが、自信をつけるために重要だといえます。

完璧主義を止める

なんでも完璧にやろうとすると、些細な失敗も許せなくなります。

 

たとえ、失敗をしたとしても、自分の価値がなくなるわけではありません。

 

だから、過剰に完璧主義になることは、止めるようにしてください。

 

完璧主義を止めると、何でもリラックスして行動できるようになります。

 

そのほうが、良い結果を生むことが多いわけですね。

 

自分に余裕があった方が何でも上手くいきますから、完璧を考えないほど成果が出やすくなります。

 

大切な考え方ですから、覚えておくようにしましょう。

正面から受け止めない

仕事で失敗をすると、上司から怒られることもありますよね。

 

怒られたことで萎縮してしまって、テンションが下がってしまう人もいるでしょう。

 

でも、それだと積極的に行動できなくなってしまいます。

 

だから、軽く聞き流すことも重要です。何を言われても、正面で受け止めずに、聞き流せば良いわけです。

 

もちろん、間違ったことをすると反省しないといけません。

 

でも、それを後悔して、クヨクヨするのはいけないということです。

 

なので、反省をしても後悔をしないということが大切だと言えるでしょう。

他人と比較しない

劣等感を持つ最大の理由は、他人との比較にあります。

 

周りと比べて自分が劣っていると思うからこそ、劣等感を感じてしまうわけですね。

 

だから、最初から周りと比較しないようすることで、自分を傷つけずに済みます。

 

十人十色と言いますが、人はそれぞれ違った性質を持っています。

 

他人と違うのが、当たり前ということですね。

 

だから、他人よりも上手くできなくても、それは性質の違いですから自分を責めるのは止めましょう。

 

ですから、不要な比較をしないようにするのが重要ですね。

自分の軸を作る

何か自分の中に軸がある人は、どんな状況でもブレることなく進むことができます。

 

軸が無いからこそ、周りに左右されてしまって落ち込んだりするわけですね。

 

だから、将来の目標であったり、熱中できることであったり、自分を支える軸を見つけてみてください。

 

また、何かストレスを発散できる方法を持っておくのも大切ですね。

 

運動をして汗を流すとか、ドライブをして気分転換をするとか、自分なりの発散法があると精神的に楽になります。

 

適度に、自分を休ませてあげて、負担を溜めないように心掛けましょう。

 

以上、劣等感を捨てるための方法を紹介しました。

 

自分の考え方次第で大きく変わるものですから、何事も考えすぎないことが大切ですね。

 

不要な思い込みを捨てるだけで、驚くほど自信が持てるようになることもあります。

 

参考にしてみてください。

職業『ブロガー』

滋賀県彦根市在住Webコンサルタント/ブロガー/マーケティング・コンサルタント/コミュニティ大学東京支部長/